Tag Archive for 魔笛

びわ湖ホールが2018年度ラインナップを発表

「千人の交響曲」からオペラ、GWの新・音楽祭まで多彩な内容  びわ湖ホールで2018年度に行う自主公演のラインナップが出揃い、指揮者でびわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典、山中隆びわ湖ホール館長、馬淵英明びわ湖ホール事業部長が出席しての記者発表が、11月22日に同ホールで行われた。オープンから20周年の新シーズン。進行中のワ…

METライブビューイング2017-18シーズン

魅惑のラインナップ全開! 新シーズン、いよいよ開幕  充実したキャストと豪華な舞台で、世界の人気歌劇場のトップランナーであり続けているニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET=メト)。そのシーズンのハイライト演目を映画館で上映する「METライブビューイング」も、12年目に突入する。映画館で気軽に、しかも最新の公演を鑑…

【会見レポート】バリー・コスキー演出《魔笛》、来春上演〜ベルリン・コーミッシェ・オーパー

 ベルリン・コーミッシェ・オーパー(以下KOB)が来年4月、東京・広島・兵庫でバリー・コスキー演出の《魔笛》を上演する。これに先立ち9月8日、KOBオペラ支配人のブレーキング・フィリップ・ラインハルトと広島公演で指揮をする山田和樹、読売テレビ専務取締役の本田邦章らが登壇し、記者会見を行った。 (2017.9/8 都内 …

バイエルン国立歌劇場

新地平を拓く舞台と、愛され続けるプロダクションの競演  ドイツの名門、バイエルン国立歌劇場が6年ぶりに来日する。大方の音楽ファンにとって最大の関心は、ケント・ナガノの後を継いで2013年秋から音楽総監督を務めているキリル・ペトレンコが初来日を果たすということにあるだろう。ウィーン・フォルクスオーパーのカペルマイスターと…

ジル・ロマン(モーリス・ベジャール・バレエ団芸術監督、振付家)

ベジャールの精神を継承し、そして未来へ!  20世紀のバレエに大きな変革をもたらした振付家モーリス・ベジャールが他界して10年の節目を迎えた今年、彼がこよなく愛した日本でも、故人を偲ぶ種々の公演が執り行われる。その開幕を飾るのが、3年ぶりに来日するモーリス・ベジャール・バレエ団(BBL)が上演する『魔笛』。ベジャール亡…

【読者プレゼント】METライブビューイング アンコール上映

 世界最高峰の歌劇場のひとつとして知られる、メトロポリタン・オペラ(MET)の最新公演を映画館で堪能できる「METライブビューイング」。さきごろ発表された2017/18新シーズンのラインナップには《魔笛》《ラ・ボエーム》などの人気演目に加え、新演出の《ノルマ》《トスカ》《コジ・ファン・トゥッテ》、MET初演となる《皆殺…

モーリス・ベジャール没後10年記念シリーズ公演が今秋より上演

 モーリス・ベジャール・バレエ団日本公演が11月17日より東京と兵庫で行われる。これに先立ち7月24日、同団(以下BBL)の芸術監督ジル・ロマンとダンサーの那須野圭右が登壇し、記者会見が行われた。 (2017.7/24 日経ホール Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)  今年は、『春の祭典』『ボレロ』など…

アッシャー・フィッシュ(指揮)

《魔笛》でモーツァルトはドイツ・オペラの扉を開いたのです  今秋のバイエルン国立歌劇場日本公演で《魔笛》の指揮を執るアッシャー・フィッシュ。日本ではすでに、N響や名古屋フィル、新国立劇場にも登場しているが、この3月には新日本フィルとの初共演のために来日した。 「日本で仕事をするのは好きですね。すべてがとてもよく準備され…

FUKUSHIMA 白河版オペラ《魔笛》

“和洋融合”のファンタジックなオペラ  《魔笛》を、『ドラゴンボールZ』『聖闘士星矢』などのヒット・アニメの脚本家・小山高生がリメイク。と聞いただけで、なにやら面白いことが起こりそう。物語の舞台を日本に読み換えた上演は、昨秋オープンした福島県・白河文化交流館コミネスの「FUKUSHIMA 白河版オペラ《魔笛》」だ。  …

勅使川原三郎 シアターX公演『トリスタンとイゾルデ』

 年頭からリムスキー=コルサコフ作曲『シェラザード』で濃密なデュエットを繰り広げて感銘を与えた勅使川原三郎と佐東利穂子。その直後、勅使川原と佐東は渡欧し、パリ・オペラ座の2017/18シーズン発表会見に出席、10月にバレエ団に振り付けする新作(音楽:エサ=ペッカ・サロネンのヴァイオリン協奏曲、演奏:諏訪内晶子)への意気…