Tag Archive for 長谷川陽子

第4回高松国際ピアノコンクール記者発表

 2018年3月12から25日にかけて開催される第4回高松国際ピアノコンクールの記者発表が、10月25日に都内で行われた。同コンクールは06年にスタートし、4年に一度開催されている。これまでに、パヴェル・ギントフ(ウクライナ)、アレクサンドル・ヤコブレフ(ロシア)、クロエ・ジヨン・ムン(韓国)を輩出している。出場希望者…

向山佳絵子&長谷川陽子 プロデュース チェロ・コレクション 〜バッハへのオマージュ Vol.4〜

“チェロの底力”を知るステージ  共に日本を代表するチェリストとして活躍する、向山佳絵子と長谷川陽子。「チェロ・コレ」こと『チェロ・コレクション〜バッハへのオマージュ〜』は、2人のプロデュースによる、バッハへの敬意と異世代のチェリストの交流を軸とする大型企画だ。第4弾は、ロンドンを拠点に活躍する伊藤悠貴とベルリンで研鑽…

HAKUJU 東日本大震災 チャリティコンサート

人気奏者が集結して復興を支援  2011年の東日本大震災以来「東北復興支援プロジェクト・被災地支援チーム」を組織して活動を行い、本社ビル1階でのチャリティロビーコンサートなどを続けてきた白寿生科学研究所。その活動の一環として、今年も3月11日には福島県相馬市「学校法人みどり幼稚園」を支援する公演を、同社が運営するHak…

アフタヌーン・コンサート・シリーズ 長谷川陽子 & 錦織 健 〜チェロと歌のデュエット〜

チェロと歌で拓く新たな世界  えっ、チェロとテノールだけのコンサート? ピアノ伴奏もなし!? そんな一風変わった組合せによるコンサートが開催される。  チェロの長谷川陽子がテノールの錦織健とともに「やったことのないジャンルをふたりで開拓しよう」とチャレンジするのが、今回のチェロと歌のデュエット。曲はストラデルラ「教会の…

第3回 HAKUJU 東日本大震災チャリティコンサート

トップ・プレイヤーたちによるクラシック・エイド  釜石市から北へ10キロほどの位置にある岩手県大槌町は、東日本大震災の津波被害で町の大半を消失した。その地域に、被災した子どもたちの心のケアを目的に2013年にオープンした「子ども夢ハウスおおつち」は、山口県の社会福祉法人「夢のみずうみ村」が開設し、ボランティアと寄付金で…

Hakuju 東日本大震災チャリティコンサート

3月11日、音楽と共に思いを馳せる  東日本大震災から4年が経ち、チャリティコンサートも徐々に減りつつあるかもしれない。だが、災禍を忘れてならないのは自明の理。そうした中、Hakuju Hallでは、今年も3月11日に『東日本大震災チャリティコンサート』が開催される。これは音楽ファンが復興に寄与し得る、重要な機会だ。 …

長谷川陽子&向山佳絵子プロデュース チェロ・コレクション〜バッハへのオマージュ Vol.1

チェロの未来は明るい!  こんな発想も有り得たか!と快哉を叫びたくなるのが、11月からHakuju Hallで始まる『チェロ・コレクション〜バッハへのオマージュ』、略して「チェロ・コレ」だ。これは、バッハへの敬意と、異世代チェロ奏者の交流を軸とした、未来志向の新シリーズ。長谷川陽子&向山佳絵子プロデュースによる大型企画…

東日本大震災 復興支援 チャリティコンサート 〜クラシック・エイドVol.4〜

復興を願って豪華アーティストが結集!  音楽の力を信じ、被災地の一日も早い復興を願って続けられている《クラシック・エイド》も今年で第4回を数える。前回は収益の一部と会場募金をあわせて約567万円もの寄付を実現するなど、着実な成果をあげているが、豪華アーティストが結集したこの魅力的なプログラムを見ればそれも納得。前半は厳…

Hakuju 東日本大震災チャリティコンサート

音楽ができること  東日本大震災で町の大半を消失した岩手県大槌町にオープンした「子ども夢ハウスおおつち」は、被災した子どもたちの心のケアを目的にした施設だ。学校帰りの遊び場であり、肉親や友人を奪われた子どもにとっては、信頼できるスタッフのいる相談所。高齢者のための小規模デイケア「夢のみずうみ村おおつち」も併設されている…