Tag Archive for 金森穣

Noism1『NINA―物質化する生け贄』

世界で絶賛されたNoismの代表作が9年ぶりに日本で再演  『マッチ売りの話+passacaglia』やワーグナー曲による『Liebestod-愛の死』など2017年も話題作を連発し快進撃を続ける金森穣とNoism1。新潟市に拠点を置くこの気鋭のダンスカンパニーの活動からは常に目が離せない。  結成14年目の今シーズン…

金森穣渾身の最新作!『Liebestod-愛の死』が新潟と埼玉で上演

 金森穣が率いる日本で唯一の劇場専属舞踊団「Noism」が5月26日より新作『Liebestod-愛の死』(金森穣振付)とレパートリー作品『Painted Desert』(山田勇気振付)を新潟と埼玉で上演する。これに先立ち4月26日、Noism芸術監督の金森穣と副芸術監督の井関佐和子が登壇し、制作発表が行われた。 (2…

Noism1 近代童話劇シリーズvol.2『マッチ売りの話』+『passacaglia』

人間の欲望とその先にある信仰について問いかける  古典バレエを大胆に読み替えた『ラ・バヤデール—幻の国』や緻密な作風の『愛と精霊の家』など次々に話題作を上演し、上昇気流に乗っている金森穣とNoism。2017年の新春も意欲的な新作初演、しかも2本立てでスタートする。第1部が『マッチ売りの話』、第2部が『passacag…

Noism2 定期公演『火の鳥』『ÉTUDE』

 金森穣が率いる、りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館の専属舞踊団「Noism」は、メインカンパニーNoism1と付属研修生カンパニーNoism2によって構成される。この夏、全国6都市で上演された劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』には、Noism1に加えてNoism2も出演し、壮大なスケールの舞踊劇を繰り広げ…

Noism 劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』

 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館を拠点に活動する劇場専属舞踊団Noismが、この夏、最新作となる劇的舞踊 vol.3『ラ・バヤデール―幻の国』を上演。新潟を皮切りに全国5都市で巡演し、さらに9月にはBeSeTo演劇祭の1プログラムとして鳥取での上演も決まっている。開幕に先駆けて行われた記者会見では、劇作家の平田オリ…

デザイナー・三宅一生の仕事を公開〜国立新美術館『MIYAKE ISSEY展』

 既成の枠にとらわれない自由な発想と、着心地の良さを兼ね備えた衣服で国内外の演奏家、舞踊家からも愛されるブランド「ISSEY MIYAKE」。デザイナーの三宅一生(1938〜)の初期から最新プロジェクトまで約45年間に及ぶ仕事を紹介する大規模な展覧会「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」が、6月13日(月)ま…

【読者プレゼント】篠山紀信が撮り続けたNoismの写真集『JO KANAMORI / NOISM by KISHIN』

 演出振付家・金森穣が率いる日本で唯一の劇場専属舞踊団「Noism」。りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館を拠点に2004年に設立、今年で12年を迎える。  設立以後、その10年にわたる舞台のすべてを撮り続けている写真家・篠山紀信が、その独自の目線で切り取った舞台写真のなかから、未発表の写真を含めた写真集『JO KANA…

NIDF2015 新潟インターナショナルダンスフェスティバル

日中韓のスペシャリストが繰り広げる祭典  この夏、新潟を舞台にアジアに焦点を当てた国際ダンスフェスティバルが行われる。「東アジア文化都市2015 新潟市」事業の一環である「NIDF2015 新潟インターナショナルダンスフェスティバル」は、新潟市文化創造アドバイザーの金森穣(Noism芸術監督・演出振付家)がアーティステ…

Noism1 近代童話劇シリーズvol.1『箱入り娘』

金森穣が生み出す新たな“童話劇”  金森穣率いるNoism1が設立11年目の今年、スタジオ規模の小空間での“近代童話劇シリーズ”をスタートさせる。第一弾は新作『箱入り娘』。原作はバルトーク作曲&バラージュ台本による1917年初演のバレエ『かかし王子』だ。金森は「サイトウ・キネン・フェスティバル・松本2011」で、同じバ…

金森 穣(Noism芸術監督・演出振付家・舞踊家)

 金森穣率いるNoismが、スタジオ規模の小空間で上演する「近代童話劇シリーズ」をスタートさせる。 「私は、抗いようもなく現代と繋がった過去、つまり近代に惹かれます。一般的に近代と言うと戦前や明治時代でしょうが、今Noismに所属する若手メンバーにとっては、テクノロジーが凄い勢いで発達した戦後の高度経済成長やバブル期も…