Tag Archive for 藤田嗣治

過去最大級の回顧展『没後50年 藤田嗣治展』が開幕

 日仏を舞台に活躍した画家・藤田嗣治の画業を展覧する過去最大級の回顧展『没後50年 藤田嗣治展』が10月8日まで、東京都美術館で開催されている。  WEBぶらあぼでは本展に読者限定5組10名様をご招待。  藤田嗣治(1886〜1968)は、モディリアーニやシャガールと並び、エコール・ド・パリの代表的な画家として知られる…

大野和士が全幕バレエを初めて指揮〜東京シティ・バレエ団創立50周年記念公演『白鳥の湖』

 東京シティ・バレエ団は創立50周年記念として『白鳥の湖』(以下『白鳥』)を来る3月3日から3月6日まで東京文化会館で上演する。今回の『白鳥』は藤田嗣治の美術、大野和士指揮東京都交響楽団がピットに入ることが大きな話題。公演に先立ち、都内で取材会が開かれ、同バレエ団芸術監督の安達悦子と東京都交響楽団音楽監督の大野和士が登…

東京シティ・バレエ団創立50周年記念公演『白鳥の湖』 〜大いなる愛の讃歌〜

いまよみがえる藤田嗣治の幻の『白鳥の湖』  来年3月、都民芸術フェスティバル参加公演として上演される東京シティ・バレエ団『白鳥の湖』が大反響を呼んでいる。まず注目は、エコール・ド・パリを代表する藤田嗣治(レオナール・フジタ)がデザインした幻の舞台美術が70年ぶりに蘇ること。折しも、2018年は同バレエ団創立50周年とフ…

【速報】大野和士が『白鳥の湖』全幕を指揮へ

東京シティ・バレエ団創立50周年記念『白鳥の湖』  東京シティ・バレエ団が2018年3月3日から6日まで、創立50周年記念公演『白鳥の湖—大いなる愛の讃歌—』を東京文化会館で上演する。指揮は東京都交響楽団音楽監督の大野和士、管弦楽は東京都交響楽団。演出・振付は石田種生。  東京シティ・バレエ団理事長の安達悦子は大野と小…