Tag Archive for 菊池洋子

いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2018

今年は北陸がモーツァルトに染まる! 昨年スタートした「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」が今年も開催される。メインとして取り上げる作曲家は、古今東西多くの人に愛され続けるモーツァルト! 4月28日から5月5日の会期中、北陸新幹線開通以来いっそうの賑わいを見せる金沢の街が音楽で染まる。 文:飯尾洋一(ぶらあぼ2018年…

いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2018開催

 4月28日から5月5日まで、金沢を中心に北陸三県で開催される「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2018」の記者会見が、2月20日に都内で開催された。 (2018.2/20 東京文化会館 Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE)  同音楽祭は、2016年まで9年にわたり行われていた音楽祭「ラ・フォル・ジ…

21世紀のコンセール・スピリチュエル ―音楽の力― 第1回 ライナー・ホーネック(ヴァイオリン)

親密な空間で上質な音楽体験を  代官山駅近く、文化拠点としても知られる「代官山ヒルサイドテラス」内にある「ヒルサイドプラザホール」。200名に満たない親密な空間で、年3回の新たなコンサート・シリーズ「21世紀のコンセール・スピリチュエル —音楽の力—」が今秋から開催される。  記念すべき初回、9月の公演は、ウィーン・フ…

ローム ミュージック フェスティバル 2017

世界を舞台に活躍する名手たちによる豪華な共演  公益財団法人ローム ミュージック ファンデーションの支援で世界に羽ばたいていった音楽家たちが集結する「ローム ミュージック フェスティバル」が、今年もロームシアター京都で開催される。短期間ながら聴き逃せない豪華公演ばかりで、以下駆け足でご紹介していきたい。  初日(7/1…

下野竜也(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

“ある芸術家”の心の深奥とドラマを描く  コンサートの告知チラシに『ベルリオーズの失恋劇場 その① 悪夢に苦しむ男』という愉快な(でも本質を突いた)キャッチフレーズが掲載されている、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の11月定期演奏会。その“失恋劇場”が繰り広げられるのは、おなじみの「幻想交響曲」だ。言うまでもなく…

菊池洋子(ピアノ)

モーツァルトは“いい趣味”で弾くことが大切です  JR武蔵小金井駅前に2012年に開館した小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)。毎年恒例の『こがねいガラ・コンサート』には、市内在住や地元ゆかりの奏者たちによる「こがねいガラ・オーケストラ」が集結する。今年、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番の独奏者として招か…

2016 北九州国際音楽祭

多彩な楽友たちが集う、北九州の秋の華やぎ  29回の歴史を誇る北九州国際音楽祭が、今年も充実の内容で開催される。テーマは「親愛なる、楽友たちへ──」。以下、多彩な公演の一部をご紹介しよう。  音楽祭のオリジナル企画の中でも大規模な公演が、『マイスター・アールト×ライジングスター オーケストラ』(10/16)。北九州市出…

神奈川フィルハーモニー管弦楽団、6月と7月の公演より

ショスタコーヴィチの対照的な2つの交響曲を聴く  神奈川フィルハーモニー管弦楽団が、それぞれの指揮者の個性が滲む、ショスタコーヴィチの交響曲を軸とした2つのステージで、本格的な夏の訪れを告げる。  まずは、常任指揮者を務める川瀬賢太郎のタクトによる、名古屋フィルハーモニー交響楽団と合同のスペシャル・ジョイント・コンサー…

第21回 宮崎国際音楽祭

室内楽からオペラまで、今年も多彩なプログラムが魅力  毎年4月末から5月にかけて開催される宮崎国際音楽祭が、第21回を迎える。今年もメインプログラムやスペシャルプログラムなど、多彩な公演に国内外の豪華アーティストが出演する。  今年最初のメインプログラムは「エクスペリメンタル・コンサート『ブダペストの新風』」と題し、音…

山本裕康メッセージ〜マイケル・コリンズ クラリネット・リサイタルに寄せて

 2011年の2月26日、僕はヤマハホールでシューベルトの「鱒」やサン=サーンスの「動物の謝肉祭」等々の室内楽の演奏会でした。ゲネプロが終わった時、突然ヤマハホールの舞台上にケーキが運ばれてきて、共演者の皆さんに「ハッピーバースデイ」を演奏してもらい、蝋燭の火を消しました。あの時の共演者やスタッフの心遣いを忘れる事はあ…