Tag Archive for 福川伸陽

“Born Creative” Festival 2018、歌劇《ソラリス》、「藤倉大 個展」

この秋、藤倉大の芸術に触れる “音楽を聴く”環境  声で、楽器で、コンピュータで音楽を生みだす。生みだすのはこれら、広義のメディア=媒体だが、その発音を司るのは人だ。メディアと人とが結びついて音楽が生まれる。つながりをつくるのが演奏家であり、場を設定するのが作曲家。そんなふうにみてみたらどうだろう。  藤倉大、15歳で…

第1回 那須クラシック音楽祭

初秋の高原に、地域に根ざした新しい音楽の祭典が誕生!  豊かな自然、温泉や観光で知られる那須高原にて、今年9月、「第1回 那須クラシック音楽祭」が開催される。総合プロデューサーを務めるのは、同地に居を構え、音楽ホール「弦楽亭」開設などの活動を重ねてきた、ヴァイオリニストの矢野晴子。その積み重ねから同音楽祭への賛同が広が…

N響精鋭メンバーによるハルモニームジーク ベートーヴェン シンフォニーシリーズ vol.3

管楽アンサンブルで奏でる「エロイカ」に唸る  「ハルモニームジーク」とは、木管楽器を主体にホルンやコントラバスが加わったアンサンブルで、18世紀後半に流行した。N響の精鋭たちが、さらにパワーアップした“現代のハルモニームジーク”で、ベートーヴェンの交響曲の全曲制覇を目指すHakuju Hallの好評シリーズ第3弾。今回…

開幕まであと少し! 東京・春・音楽祭—東京のオペラの森2018—

今年で14回目を迎える「東京・春・音楽祭」が、春の訪れとともに上野エリアで開催される。今回もバラエティに富んだ公演がたくさんあり、目移りばかりしてしまうかもしれない。この特集では、決して聴き逃すことができない注目公演ばかりをナビゲート。ぜひ音楽祭を愉しむガイドとしてご活用ください。 没後150年を迎えるロッシーニに光を…

Classic Bar 〜in Blue Rose vol.5〜

ワインとともに愉しむ名曲の数々  クラシック・コンサートを美味しいお酒とともに愉しむ、洗練された大人のためのイベントがサントリーホールのブルーローズを舞台にした『Classic Bar 〜in Blue Rose』。2014年からスタートした同企画、今回のテーマは「ワイン」。  第1部は日本ソムリエ協会認定シニアワイン…

福川伸陽(ホルン)

管楽アンサンブルで愉しむ“大シンフォニー”  木管楽器の演奏家のファンなら、“ハルモニームジーク”という言葉を一度は聞いたことがあるだろう。18世紀後半から19世紀の半ばにかけて人気のあった木管楽器主体のアンサンブルで、その編成はオーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンが各2、そこにコントラバスが加わることも多かった…

藤倉大がヴェネツィア・ビエンナーレの音楽部門で銀獅子賞を受賞

 ロンドンを拠点に活動している作曲家・藤倉大がヴェネツィア・ビエンナーレの音楽部門で銀獅子賞を受賞した。  「ヴェネツィア・ビエンナーレ」は、イタリアのヴェネツィアで1895年から2年に1度開催されているアートの祭典で、音楽部門は1930年に創設。音楽部門の銀獅子賞は革新的な作曲家に授与される賞。  2017年の「ヴェ…

N響精鋭メンバーによるハルモニームジーク ベートーヴェン シンフォニーシリーズ Vol.1

精鋭たちが繰り広げる管楽アンサンブルの愉悦  心躍らせる響きの愉悦が、再び! わが国を代表する名人集団・NHK交響楽団から選りすぐられた精鋭たちにより、管楽器に焦点を当てた室内アンサンブルの豊かなサウンドを、じっくりと味わうシリーズ『N響精鋭メンバーによるハルモニームジーク』。Hakuju Hallでの「ワンダフル o…

福川伸陽(ホルン)&三浦友理枝(ピアノ)

ランチタイムに多彩な驚きと楽しさを!  N響首席ホルン奏者・福川伸陽と、人気ピアニスト・三浦友理枝。2012年以来デュオを組む2人が、12月に第一生命ホールで「11時開演、お話付き90分」の公演を行う。これが実に興味深い内容だ。 「ホルンのコンサートが初めての方にも楽器の多面性を分かっていただけるよう、バロックから現代…

第15回 Hakuju Hall ワンダフル one アワー N響精鋭メンバーによる管楽アンサンブル

ふくよかで鮮やかなモーツァルトの調べ  昨年聴いたベートーヴェンの交響曲第7番は、今も耳に残るほど新鮮だった。それはHakuju HallでのN響メンバーによる管楽アンサンブルの公演。再登場の今年はモーツァルトが演奏される。こうした「ハルモニームジーク」は、市民が身近に楽しめることで、18世紀後半に大人気を博し、今回と…