Tag Archive for 石丸幹二

【招待】石丸幹二がトーク〜METライブビューイング《トスカ》

 世界最高峰の歌劇場のひとつとして知られる、メトロポリタン・オペラ(MET)の最新公演を映画館で楽しむ「METライブビューイング」。2月には2017/18シーズン第4作《トスカ》が新制作で披露されるが、公開初日となる2月17日(土)新宿ピカデリーでのスペシャルトークイベントが決定した。  出演は、ミュージカルやドラマ、…

【動画】東京フィルが『ペール・ギュント』全曲を披露〜語りに石丸幹二

 東京フィルハーモニー交響楽団が、昨年予定しながら急遽中止となってしまった劇付随音楽『ペール・ギュント』全曲演奏を去る4月24日、Bunkamuraオーチャードホールで行った。指揮は同団特別客演指揮者のミハイル・プレトニョフ、語りに石丸幹二を迎え、ソプラノのベリト・ゾルセット(ソールヴェイ役)ほかの出演。  劇付随音楽…

『ペール・ギュント』を全曲演奏へ〜東京フィル

東京フィルハーモニー交響楽団が、昨年予定しながら急遽中止となってしまった『ペール・ギュント』をあらためてこの4月、披露する。 劇付随音楽『ペール・ギュント』は、19世紀ノルウェーの作家イプセンの戯曲『ペール・ギュント』に同じくノルウェーの天才作曲家グリーグが音楽をつけた有名な舞台作品。 組曲で披露されることは多いものの…

ミハイル・プレトニョフ(指揮/ピアノ)

“音楽家”プレトニョフの新たな境地  現代最高のピアニストの一人でありながら、しばらく指揮活動に専念していたミハイル・プレトニョフ。2014年に行われたリサイタルでは、7年間の演奏活動休止が信じられないほどのヴィルトゥオジティでファンを喜ばせた。 「ピアノを休んだ理由は『弾きたいと思うピアノ』がなかったからです。それが…

音楽劇『ライムライト』

 チャールズ・チャップリンの傑作映画『ライムライト』が世界初の舞台化。『ライムライト』といえば、「人生を恐れてはいけない。人生に必要なものは勇気と想像力と、そして少しのお金だ」の名ゼリフで広く知られるチャップリン晩年の名作のひとつ。舞台ではチャップリンならではのコメディシーンを織り交ぜつつ、老芸人カルヴェロと新進バレリ…

SWITCH 30th Anniversary 文学への新しい冒険 チャイコフスキー『くるみ割り人形』

異色の顔合わせで贈る一日限りの夢物語  カルチャー誌『SWITCH』が、創刊30周年の節目を祝し今秋『くるみ割り人形』を上演。『くるみ割り人形』といえば、『眠れる森の美女』『白鳥の湖』と並ぶチャイコフスキー3大バレエのひとつであり、クリスマス・シーズンの風物詩としても知られる。ここでは俳優の石丸幹二、ダンサーの首藤康之…

よみうり大手町ホール オープニングシリーズ 読響アンサンブル・シリーズ

新しいホールで愉しむ極上の室内楽  エンタテインメントの創造と文化・情報の発信拠点として、東京・大手町にオープンする「よみうり大手町ホール」。読売新聞東京本社内に設けられた500席の空間は、充実した最新の音響・映像機器を備え、能の上演も可能とあって、ここから生まれる新たな文化の潮流に期待が寄せられている。  このホール…