Tag Archive for 白鳥の湖

大野和士が全幕バレエを初めて指揮〜東京シティ・バレエ団創立50周年記念公演『白鳥の湖』

 東京シティ・バレエ団は創立50周年記念として『白鳥の湖』(以下『白鳥』)を来る3月3日から3月6日まで東京文化会館で上演する。今回の『白鳥』は藤田嗣治の美術、大野和士指揮東京都交響楽団がピットに入ることが大きな話題。公演に先立ち、都内で取材会が開かれ、同バレエ団芸術監督の安達悦子と東京都交響楽団音楽監督の大野和士が登…

創立150周年記念 ウクライナ国立歌劇場 来日公演フェスティバル

─オペラ&コンサート&バレエ、総勢300名による怒濤の引越し公演─  世界に冠たる名門ウクライナ国立歌劇場が、創立150周年を記念して、これまでになく大規模な「来日公演フェスティバル」を行う。同劇場が誇る[オペラ][オーケストラ][バレエ]が、各々極め付けの名作と150周年記念特別プログラムを披露する陣容は、実に多彩か…

【会見レポート】ボリショイ・バレエ来日公演が本日開幕!

 世界3大バレエ団の一つ「ボリショイ・バレエ」の日本公演が、6月2日の広島公演を皮切りに6月18日まで、東京、びわ湖、仙台、大阪と全国5カ所で上演される。これに先立ち6月1日に会見が行われ、マハール・ワジーエフ(ボリショイ・バレエ監督)、エフゲーニャ・オブラスツォーワ(プリンシパル)、イーゴリ・ツヴァルコ(リーディング…

ボリショイ・バレエ『ジゼル』『白鳥の湖』『パリの炎』

初来日から60年!世界最高峰のバレエ団の伝統と進化を観る  ボリショイ・バレエは、常に「ボリショイ(露語=大きい)」の名に違わずスケール大きな舞台で、世界バレエ界の最高峰に位置してきた。今年は、1957年の初来日からちょうど60年。改めてボリショイ・バレエが我が国に及ぼした衝撃の大きさが実感できることだろう。  演目は…

【速報】大野和士が『白鳥の湖』全幕を指揮へ

東京シティ・バレエ団創立50周年記念『白鳥の湖』  東京シティ・バレエ団が2018年3月3日から6日まで、創立50周年記念公演『白鳥の湖—大いなる愛の讃歌—』を東京文化会館で上演する。指揮は東京都交響楽団音楽監督の大野和士、管弦楽は東京都交響楽団。演出・振付は石田種生。  東京シティ・バレエ団理事長の安達悦子は大野と小…

クラシカ・ジャパンが、大型の無料放送『クラシカ音楽祭』を開催!

 日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」が、5月5日から7日までの3日間、大型無料放送「クラシカ音楽祭」を実施する。  「クラシカ音楽祭」は、5月から「クラシカ・ジャパン」でスタートする新テーマ「クラシック・スター名鑑」を記念した特別編成で放送。プラシド・ドミンゴ、グスターボ・ドゥダメル、ア…

イーグリングの“新・くるみ割り人形”〜新国立劇場バレエ2017/18シーズン

 新国立劇場舞踊部門バレエは2017/18シーズンに、開場20周年記念特別公演『ニューイヤー・バレエ』(18年1月)、こどものためのバレエ劇場『しらゆき姫』を含めた7演目を上演する。新シーズンは『くるみ割り人形』(新制作)で幕を開け、『シンデレラ』『ホフマン物語』『白鳥の湖』『眠れる森の美女』と新国立劇場のレパートリー…

小牧バレエ団創立70周年 日本・モンゴル国交樹立45周年記念 東京小牧バレエ団『白鳥の湖』

名手たちが集結して魅せる華麗なるステージ  東京小牧バレエ団が、2017年の年明けに5年ぶりとなる『白鳥の湖』全幕の上演を行う。カンパニー創設者の故・小牧正英は、1946年に『白鳥の湖』が帝国劇場で日本初演を迎えた際に、演出・振付・指導および出演をした日本バレエ界のパイオニア。また古くからモンゴルと厚い親交を持ち、モン…

深川秀夫が語る、深川秀夫そして『白鳥の湖』

 ロームシアター京都オープニング事業、および、公益財団法人京都市芸術文化協会創立35周年記念事業として、深川秀夫版『白鳥の湖』全幕公演が11月20 日(日)、ロームシアター京都で上演される。  本公演は公募で選ばれた京都ゆかりのダンサーたちが出演。演奏は園田隆一郎指揮、創立60周年を迎えた京都市交響楽団。チケットは即日…

エレーナ・フィリピエワ(キエフ・バレエ プリンシパル)

創造する力を与えてくれるバレエは私の人生そのものです  一世紀半の歴史を誇るキエフ・バレエがウクライナから来日、2017年の幕開けを飾る。全演目で主演が予定されている生え抜きのバレリーナ、エレーナ・フィリピエワに、キエフへの思い、日本公演への思いを語ってもらった。 「私にとって、キエフ・バレエはかけがえのない“自分の劇…