Tag Archive for 白井晃

神奈川芸術文化財団 芸術監督プロジェクト ミュージック・クロスロード

3つの協奏曲とユニークな演出が生み出す独奏的空間  1月20日、神奈川県立音楽堂でジャンルを横断した斬新なコンサート「ミュージック・クロスロード」が開催される。神奈川芸術文化財団の芸術総監督である作曲家の一柳慧とKAAT神奈川芸術劇場芸術監督で演出家の白井晃が強力なタッグを組む。  一柳がプロデュースをする演奏会を白井…

『マハゴニー市の興亡』

ジャズ・テイストの“音楽劇”として蘇るブレヒト&ヴァイルの問題作  ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトと作曲家クルト・ヴァイルのコンビといえば、1928年に初演された音楽劇《三文オペラ》で名高い。日本でもたびたび上演されてきた《三文オペラ》に比べ、1930年に初演されたオペラ《マハゴニー市の興亡》は上演の機会にほとんど…

DEDICATED 2014〜OTHERS〜

女優も初登場のシリーズ3回目  卓越した身体テクニックをもとに、常に新しいことに挑んできた首藤康之。今回3回目を迎える「DEDICATED」もそのひとつだ。捧げられた、という意味で、第1回は震災の年だった。首藤自身が「ダンスを通して自分の思いを捧げる」ために始めたという。  今回のサブタイトルは「OTHERS」、つまり…

『Lost Memory Theatre』

 ダンサー・振付家として独自の世界を確立している森山開次。鬼気迫るソロで観客を魅了する一方、演劇やミュージカルなどでも幅広く活躍。近年は、能楽師・津村禮次郎をはじめとする日本の古典芸能畑の才能とのコラボレーション、インドネシアやベトナムでの文化交流大使としての活動なども、精力的にこなしている。常に新たな出会いや発見を求…

白井 晃(演出家/俳優/KAAT神奈川芸術劇場アーティスティック・スーパーバイザー) × 三宅 純(作曲家)

音楽にインスパイアされた世界観  今春、KAAT神奈川芸術劇場のアーティスティック・スーパーバイザーに就任した演出家・白井晃。就任後初、待望の演出作が『Lost Memory Theatre』だ。今作は、作曲家・三宅純の同名アルバムから立ち上げる舞台という、とびきり野心的な試みによるもの。これまで多くの作品を世に送り出…