Tag Archive for 牧阿佐美バレヱ団

牧阿佐美バレヱ団『飛鳥』が10月、富山で再演!

 牧阿佐美バレヱ団が創立60周年記念して、2016年8月に新国立劇場オペラパレスで世界初演した『飛鳥 ASUKA』が今年10月、富山のオーバード・ホールにて再演される。これに先立ち3月28日、主演のニーナ・アナニアシヴィリ、牧阿佐美バレヱ団主宰の牧阿佐美、オーバード・ホール芸術監督の須藤晃が登壇し、会見が行われた。 (…

牧阿佐美バレヱ団『三銃士』

イケメン剣士たちが活躍する“活劇バレエ”  牧阿佐美バレヱ団が、創立60周年記念公演の第9弾として上演する『三銃士』。原作が文豪アレクサンドル・デュマの言わずと知れた同名小説とあって、フランス国王に仕える銃士ダルタニヤンを中心に、男達の友情や恋人コンスタンスとのロマンス、宿敵の枢機卿リシュリューとの対決が生き生きと描き…

牧 阿佐美(牧阿佐美バレヱ団主宰、振付家)

バレエ人生の集大成となる、母の代表作“改訂・新制作”  牧阿佐美バレヱ団が創立60周年を迎えている。日本のバレエの黎明期、パイオニアとして活躍した舞踊家、母、橘秋子とともに牧阿佐美バレヱ団を設立したのが1956年。日本各地で日本のバレエを支える多くの舞踊家、門下生を抱え、日本を代表するバレエ団として成長してきた。創作に…

牧阿佐美バレヱ団 創立60周年記念公演シリーズⅣ 『ジゼル』『牧神の午後』

バレエ団の代表作と未来へつながる新作を  2016年、創立60周年を迎える牧阿佐美バレヱ団は、今春から60周年記念公演シリーズを上演中だ。10月に上演するのは、ロマンティック・バレエの代表作で三谷恭三芸術監督の演出・改訂振付による『ジゼル』と、ドミニク・ウォルシュ振付『牧神の午後』日本初演。 『ジゼル』においてアルブレ…

中川郁(牧阿佐美バレヱ団)

 牧阿佐美バレヱ団の十八番の演目『リーズの結婚』の主役に抜擢された。しかも初主役がいきなりの大作だ。 「子どものころから、ずっと憧れの作品だったので、主役が踊れるなんて本当に夢のようです。『リーズ』には見所がたくさんあり、お客さまが楽しめるように計算された傑作だと思います。技術的にも難しいけれど精一杯踊ります」と目を輝…

創立60周年記念公演Ⅱ 牧阿佐美バレヱ団『リーズの結婚』

 『リーズの結婚』の原題は「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」。フランスで生まれ、ロシアで愛されてきたコメディ・バレエを“英国バレエの父”フレデリック・アシュトンが趣向を凝らし味わい深く仕上げた傑作である。牧阿佐美バレヱ団は本作を1991年に日本のバレエ団として初めて上演し以後再演を重ねてきた。“鉄板”といっていい看板演目だ…

牧阿佐美バレヱ団 60周年記念公演シリーズⅠ 『Unforgettable Evening』

 あなたの周りに、「バレエにはなんとなく興味はあるんだけど、でも…」と重い腰のあがらない人はいないだろうか。そんな彼らを誘うなら、牧阿佐美バレヱ団が幅広い観客に劇場に足を運んでほしいと企画したこの公演はどうだろう。バレエの多彩な魅力が一夜にして味わえるだけでなく、男性ヴォーカルグループの声も楽しめる、新しい感覚の公演だ…

NHK バレエの饗宴2015

 日本を代表するバレエ団やダンサーがカンパニーの枠を越えて集結。古典から現代作品まで、さまざまな作品を一挙に観ることができる稀有な公演である。4回目となる今回は、4つのカンパニーが出演、それぞれの個性が最も際立つ作品でバレエ芸術の粋を披露する。  下村由理恵バレエアンサンブルは『カルメン』(抜粋)を上演。女優のような演…

牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』

 絢爛豪華、クラシックバレエの粋を集めたような煌びやかな舞台である。牧阿佐美バレヱ団の『眠れる森の美女』はウエストモーランド版。プティパの原版をベースとしながらもマイムを多用し、物語を丁寧に紡いでいるのが特徴だ。特に印象的なのはオーロラが目を覚ました後の「目覚めのパ・ド・ドゥ」。ヴァイオリン・ソロによる間奏曲の音色に導…

牧阿佐美バレヱ団 『白鳥の湖』

マリインスキー・バレエからゲスト出演  整然とした美しさが魅力の牧阿佐美バレヱ団『白鳥の湖』。世界中で踊られているこの名作は19世紀後半にロシアのマリインスキー・バレエで踊られたものが原型となっている。今回の公演の主役はそのマリインスキー・バレエから今、注目を集めているふたりがゲスト出演。オデット/オディール役のエカテ…