Tag Archive for 清水和音

荒井英治(ヴァイオリン)

節目の年に紡ぐ“言葉のない歌”  ヴァイオリニストの荒井英治が久々に本格的なリサイタルをひらく。共演は清水和音。 「清水さんとは90年代後半にベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第3番・第7番などを共演して、良い感触を持ちました。そして今回、再び、一緒に音楽ができればと希望したのです。前回は、彼に自分とは違う音楽性を感…

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2017

すべてのジェネレーションが楽しめるオーケストラの祭典  ミューザ川崎シンフォニーホールを中心に繰り広げられる“クラシックの夏フェス”として、首都圏のオーケストラが連日登場する破格の音楽祭として定着している『フェスタサマーミューザ』。今年もまたレギュラー出演となる各オーケストラをはじめ、初登場となるオーケストラも加わるな…

スタインウェイ・ジャパン設立20周年記念コンサート

新世代とベテランが彩るアニバーサリー公演  スタインウェイ&サンズの日本法人として1997年に設立されたスタインウェイ・ジャパン。設立20周年を迎えた今年、5月13日に記念コンサートを行い、そのチケットは一般にも80枚限定で販売される。  当日は第1部に、2011年から開催されている「スタインウェイ・コンクール in …

新井鷗子(横浜音祭り2016 総合ディレクター)

目指すのは“たくさんの良い聴衆が育つ街”をつくること  9月22日からスタートする「横浜音祭り2016」。約2ヵ月にわたり、クラシック音楽を始めとする様々なジャンルの音楽イベントが、美術やダンス、映画といった他分野のアートとコラボレーションしながら上演される。  2013年の第1回に続き、総合ディレクターを務めるのは、…

清水和音(ピアノ)

デビュー35周年は、バッティストーニ&東京フィルとブラームスの協奏曲を披露!  清水和音は今年デビュー35周年を迎える。1981年のロン=ティボー国際コンクールで優勝したのが20歳のとき。以来、常にクラシック界の第一線で活躍してきた。 「よくこんなに長く続いたな…との思いに尽きますね。35年間の最大の出来事は、日常的な…

芸劇 ブランチ・コンサート 〜清水和音と八塩圭子の名曲ラウンジ〜

ランチの前に愉しめる豪華メンバーによる名曲の数々  最近、平日の日中に楽しむことができるコンサートが人気だ。そんな中この春、東京芸術劇場でも、偶数月の水曜日の午前11時から1時間というスタイルで、新たに『芸劇ブランチ・コンサート』シリーズがスタートする。  ナビゲーターはフリーアナウンサーの八塩圭子。演奏はピアニストの…

清水和音(ピアノ)・横坂 源(チェロ)・吉田 誠(クラリネット) Mostly Brahms! ブラームス室内楽の極み

達人と気鋭が至高の名品で初コラボ  30余年第一線に立つ日本屈指のピアニスト・清水和音は、室内楽の稀代の名手でもある。共演者を引き立てながら個の光を放つピアノは絶妙の一語。何より音楽に生彩をもたらす点で比類がない。そんな彼が、チェロの横坂源、クラリネットの吉田誠と共に、ブラームスの室内楽を披露する。2010年に難関のミ…

清水和音(ピアノ)

名手・楽器・ホールの幸せな出会い  10年ぶりの大々的なモデルチェンジを経て2010年に発表された、ヤマハのフルコンサートグランドピアノ「CFX」。演奏家からの評価も高く、愛奏するピアニストはますます増加している。  去る4月、大阪ザ・シンフォニーホールに「CFX」が納入された。同ホールの楽器の選定に携わった清水和音が…

ピエタリ・インキネン(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団 九州ツアー&東京公演

日本フィルが世界に誇る文化活動  今年も日本フィルが九州を訪れる。2月8日の福岡公演から19日の宮崎公演までの全10公演。指揮を担うのはフィンランドの俊英、首席客演指揮者のピエタリ・インキネンだ。  日本フィルと九州には特別な結びつきがある。九州ツアーは今回が39回目。1975年以来の長い歴史を持つ。単に演奏会を行うだ…