Tag Archive for 海野幹雄

海野幹雄(チェロ)

10回目の記念コンサートは素晴らしい仲間たちとの共演で  チェロ奏者の海野幹雄が毎年継続しているリサイタルが第10回の節目を迎える。「普通じゃないことをやりたいタイプなので」と笑う海野が組んだプログラムは、ヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバス各々との二重奏を3曲に、ハイドンのチェロ協奏曲2曲という構成だ。 「ハイドンの…

第123回 スーパー・リクライニング・コンサート トリオ海(メア)

精緻なアンサンブルで聴く名作二編  音楽ホールでは世界初となるリクライニング席に身を預けて、心身ともにゆったりと音楽を愉しめる好評シリーズ『スーパー・リクライニング・コンサート』。今回は、正統派のピアノ三重奏団「トリオ海」が登場し、ふたつのドイツの佳品を披露する。  ダルムシュタット歌劇場などのコンサートマスターを歴任…

海野幹雄(チェロ)

節目の年、あこがれのバッハ無伴奏全曲に臨みます!  2008年の東京文化会館(小ホール)に始まり、翌年から王子ホールに場所を移して9月に開催を続けているソロ・リサイタルも9回目を迎え、今年は満を持してJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲の全曲演奏に挑む海野幹雄。 「若い時から折に触れずっと弾いてきた作品で、これまでのリサイ…

海野幹雄(チェロ) × 新垣隆(ピアノ) デュオ・オリゴ コンサート

「原点」を見つめ直して協働する注目のデュオ  災い転じて福となした人気の作曲家・新垣隆と、音楽一家に生まれた生来のセンスを感じさせるチェリスト海野幹雄による「デュオ・オリゴ」の結成記念コンサート。オリゴ(origo)はラテン語で「原点」の意味。共演者として、作曲家と演奏家として、15年以上の交流のある二人が、その関係性…

海野幹雄(チェロ)

メンデルスゾーンの「無言歌」は永遠のテーマです  2009年から続く銀座の王子ホールでのリサイタルが毎年、好評を博している海野幹雄。昨年はベートーヴェンのチェロを含む二重奏曲全10作品を1日(2部構成)で演奏する意欲的な企画を成功させ、さらなる注目を集めた。 「ひとりの作曲家に絞るのも悪くないなと思って、今年もメンデル…

海野幹雄(チェロ)

俊英が挑むベートーヴェンのチェロ・ワークス  ソロや室内楽、オーケストラへ首席客演と近年活躍めざましいチェロの俊英。恒例となった9月の王子ホールでのリサイタルは今年、ベートーヴェンが遺したチェロを含む二重奏の全作品を1日で弾くという意欲的なプログラムとなった。 「ベートーヴェンのチェロ・ソナタはあまりにも偉大な存在です…