Tag Archive for 河村尚子

イラン・ヴォルコフ(指揮) 読売日本交響楽団

米ソの“時代の不安”を描くディープなプログラム  読響の5月定期にはイスラエル出身のイラン・ヴォルコフが登場する。史上最年少でBBCスコティッシュ響の首席指揮者を務めた後、アイスランド響の音楽監督などを歴任した鬼才だが、すでに東京のオーケストラにもたびたび呼ばれ、現代音楽をはじめとするプログラムで明晰なサウンドを築いて…

河村尚子(ピアノ)

ベートーヴェンへの新しいアプローチを聴いてください  5歳で渡独し、ハノーファー国立音楽芸術大学で学んだ河村尚子は、ミュンヘン国際で第2位、クララ・ハスキルでは優勝など、世界的に注目を集めるピアニスト。世界各地での演奏活動に加え、これまでにショパンやシューマン、ラフマニノフのディスクをリリースしてきた。今後の活動の主軸…

河村尚子(ピアノ)

 国際的な実力派ピアニスト、河村尚子は、この10月にドイツの俊才チェリスト、マキシミリアン・ホルヌングとデュオ・リサイタルを行う。彼は23歳でバイエルン放送響の第1首席奏者に就任し、2013年以降はソリストとして活躍。ソニーからリリースされたCDでも高い評価を得ている。 「3年前の日本ツアー以来、年10回以上共演してい…

第21回 京都の秋 音楽祭

名手たちの饗宴が彩る古都の秋  今年も「京都の秋 音楽祭」が京都コンサートホールを舞台に開催される。国内外で活躍する話題のアーティストたちや地元ゆかりの演奏家たちが集い、オーケストラから室内楽、ソロなど多彩な公演が並ぶ。期間は9月17日から11月26日まで。約2ヵ月にわたって開かれる全23公演から、注目の公演をいくつか…

浦安音楽ホールが2017年4月にオープン

極上のクラシック演奏でより豊かなライフスタイルを 新しいコンサートホールが首都圏に誕生する。ステージと客席とが、包み込まれるような一体感を味わえる客席数、そして音響にこだわったホールである。浦安の音楽・芸術の発信拠点を目指す浦安音楽ホールの魅力とオープニング・イヤーの内容をご紹介したい。 音楽専用ホールには名演奏家がぞ…

トッパンホール ニューイヤーコンサート

新年の幕開けに室内楽の傑作はいかが?  年が明けると「ニューイヤーコンサート」と題された公演が各地で盛んに開かれる。それぞれプログラムは多彩だ。ウィンナ・ワルツなど気軽な曲目を並べる正統派も悪くないが、まったくの独自路線による「ニューイヤーコンサート」で異彩を放っているのがトッパンホールの公演。日下紗矢子のヴァイオリン…

クレメンス・ハーゲン(チェロ) & 河村尚子(ピアノ)

世代を超えた名手が示すデュオの真髄  世界最高峰に位置付けられる弦楽四重奏団「ハーゲン・クァルテット」の創立メンバーとして知られる一方、ベルリン・フィルをはじめ、一線オーケストラと共演するなど、名ソリストとしても活躍するチェロのクレメンス・ハーゲン。そして、ドイツを拠点に活躍を続ける、若手屈指の実力派であるピアノの河村…

中村紘子 メモリアル・コンサート

多岐にわたる偉大な業績を讃えて  世界的な演奏活動、軽妙かつ美しい言葉で綴る文筆活動、さらに若い才能を次々と発掘して育成した教育活動と、多方面から日本のピアノ界を発展させた中村紘子。演奏会や講演などが予定されていたが、今年の7月に惜しまれつつ逝去。  彼女の偉大な功績を讃え、本来中村のリサイタルが予定されていた12月1…

山田和樹(指揮) バーミンガム市交響楽団

待望の共演が遂に実現!  世界を舞台に破竹の勢いで快進撃を続ける山田和樹が、この6月にバーミンガム市交響楽団と来日公演を行なう。楽しみな顔合わせが実現した。  バーミンガム市交響楽団といえば、かつて若き日のサイモン・ラトルを音楽監督に抜擢して、その評価を飛躍的に高めたオーケストラである。当時まだ25歳の若者だったラトル…

2015 北九州国際音楽祭

多彩な演奏家たちが織り成す、多様な「交歓と創造」  四半世紀以上の歴史を誇る北九州国際音楽祭が、今年も多彩な陣容で開催される。テーマは『未来へのかがやき〜交歓と創造〜』。以下、主な公演をご紹介しよう。  まずテーマにピタリと即しているのが「マイスター・アールト × ライジングスター オーケストラ」(10/17)。北九州…