Tag Archive for 柄本弾

【会見レポート】東京バレエ団が20世紀三大巨匠の傑作をまもなく上演!

 東京バレエ団は9月8日より10日まで『〈20世紀の傑作バレエ〉ープティ/ベジャール/キリアン』を上演する。初日まで一週間を切った9月1日、同団初演となるローラン・プティ振付『アルルの女』に出演する上野水香とゲスト・アーティストのロベルト・ボッレ(ミラノ・スカラ座バレエ団エトワール)が出席し、記者懇親会を行った。 (2…

東京バレエ団〈20世紀の傑作バレエ〉 『アルルの女』『小さな死』『春の祭典』

三大巨匠の傑作を一挙上演  20世紀後半を代表する巨匠振付家たちの振付作品によるトリプル・ビルだ。  ローラン・プティの『アルルの女』(1974年初演)は、ビゼーの同題曲に振り付けられたドラマティックな舞台。婚約者がありながらも闘牛場で出会った女性の幻影に惹かれ、追い求めていく若者の行く末は――。ロベルト・ボッレ&上野…

【会見レポート】東京バレエ団がプティ作品を初上演へ〜『アルルの女』

 東京バレエ団が9月8日から9月10日まで『〈20世紀の傑作バレエ〉ープティ、ベジャール、キリアン』を上演する。これに先立ち5月23日、斎藤友佳理芸術監督と『アルルの女』(ローラン・プティ振付)に出演する上野水香、川島麻実子、柄本弾、そしてプティ作品の振付指導ルイジ・ボニーノらが出席し、記者懇親会が行われた。 (201…

【会見レポート】東京バレエ団『ラ・バヤデール』

 東京バレエ団は6月30日から7月2日までナタリア・マカロワ版『ラ・バヤデール』を東京文化会館で上演する。これに先立ち4月21日、斎藤友佳理芸術監督と同公演に出演するダニエル・カマルゴ、上野水香、川島麻実子がリハーサルを公開、今の心境を語った。     (2017.4/21 東京バレエ団 Photo:J.Otsuka/…

神奈川県民ホール 年末年越しスペシャル ファンタスティック・ガラコンサート 2016 至極のオペラ&バレエ

年越しは心躍る音楽と華麗なるバレエとで  日本を代表する演奏家や声楽家、バレエダンサーらが一堂に会し年の瀬を華やかに彩るコンサート、神奈川県民ホールからの“冬の贈り物”『ファンタスティック・ガラコンサート』が今年も開催される。  プログラムはピアソラの「リベルタンゴ」やモーツァルトにヴェルディのオペラ・アリア等の人気曲…

柄本 弾(東京バレエ団 プリンシパル)

ベジャール&黛の記念碑的作品再び  この秋、東京バレエ団が新国立劇場で『ザ・カブキ』を上演する。30年前、歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』をもとに、20世紀バレエの巨匠モーリス・ベジャール、日本を代表する作曲家の黛敏郎、東京バレエ団がタッグを組んでつくりあげた、記念碑的なオリジナル作品だ。作品の生みの親の1人であり、バレエ団…

大阪フィル『コンサート + バレエ』

マエストロ・ミッキーの“バレエ愛”あふれたステージが実現  大阪フィルハーモニー交響楽団と首席指揮者・井上道義が、バレエダンサーと共に〈コンサートバレエ〉を開催する。  1971年にミラノ・スカラ座が主催した指揮者コンクールで優勝して以来、華麗なキャリアを歩んでいる井上は、実は若い頃ダンサーとして踊ったこともある、筋金…

東京バレエ団『白鳥の湖』

ドラマ性重視の“ブルメイステル版”で告げる新時代の幕明け  多種多様な演出で上演されている古典バレエ。どの版を選ぶかに、そのカンパニーが重んじるスタイルやあり方が反映される。東京バレエ団は、ブルメイステル版『白鳥の湖』を2月に初演。新芸術監督・斎藤友佳理体制の本格的なスタートとして、おおいに注目される。  1953年初…

東京バレエ団が新体制で臨む、ブルメイステル版『白鳥の湖』まもなく開幕

 シルヴィ・ギエムとのツアーを終えた東京バレエ団が2月、斎藤友佳理芸術監督就任後、新体制で臨むビックプロジェクト第1弾として、ウラジーミル・ブルメイステル版『白鳥の湖』を初演する。1月15日にリハーサルを公開、斎藤と主演する3組のダンサーらが今の心境を語った。 (取材・文:編集部 Photo:J.Otsuka/Toky…

第3回 めぐろバレエ祭り

東京バレエ団がおくる豪華な夏休みイベント  2013年からめぐろパーシモンホールで開催されている「めぐろバレエ祭り」は、東京・目黒区を拠点とする東京バレエ団が中心となって行われ、夏の風物詩として定着してきた。3回目となる今回は一層パワーアップし、大人から子供までがバレエの幅広い魅力を味わえる。  メインは東京バレエ団の…