Tag Archive for 東響

【SACD】ストラヴィンスキー:春の祭典、シェーンベルク:浄められた夜/ノット&東響

 ノット&東響の4作目のCD。20世紀初頭に新時代を拓いた“動と静”の名作を並べ、2つの道筋を対比させた意義深い1枚だ。「春の祭典」は、全体のマッシヴな音像と細部のクリアな動きを両立させた、鮮烈かつ豊潤な快演。しなやかに躍動するリズムが光り、第2部後半の迫真性も耳を奪う。「浄められた夜」は、ダブつきのない清冽なアンサン…

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018 記者発表会

 この夏、7月21日から8月12日まで開催される「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018」のラインナップ記者発表会が、3月28日に行われた。同音楽祭は、ミューザ川崎シンフォニーホールとテアトロ・ジーリオ・ショウワをメイン会場として毎年開催されており、今年で14回目を迎える。会見では、川崎市長の福田紀彦、ミュー…

ジョナサン・ノット(指揮) 東京交響楽団

2大シンフォニストの“白鳥の歌”を並べて  マーラー、ブルックナーという“オーケストラ芸術の本丸”というべきレパートリーで、ノットは東京交響楽団と金字塔を次々と打ち立ててきた。緊張感あふれるリードで協調性や緻密さといった日本人の特性を引き出しつつも、ノットはそこにサウンドの輝かしさやパワーを加えてみせた。とりわけ一昨年…

マーク・ウィグルスワース(指揮) 東京交響楽団

 マーク・ウィグルスワースが4年ぶりに東京交響楽団の定期演奏会に登場する。コンサートとオペラの両方で活躍する1964年生まれのイギリスの名匠は、今回、ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」を取り上げる。注目は、第3稿といわれる、1888年稿(2004年コーストヴェット校訂版)の使用。この稿は、オスモ・ヴァンスカ&…

ジュゼップ・ポンス(指揮) 東京交響楽団

耳踊り心沸き立つ昼下がり  リズムが弾む日曜の午後! 東京交響楽団の3月の東京オペラシティシリーズは、そんな躍動感に溢れたプログラムだ。ベートーヴェンの交響曲第7番は言うに及ばず、ワーグナーの歌劇《恋愛禁制》序曲も終始リズミカルだし、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番も推進力抜群のリズムが随所で耳を踊らせる。中でも注目…

第10回 浜松国際ピアノコンクール開催記念 ガラ・コンサート 覇者たちによるコンチェルトの饗宴

世界へと羽ばたいた6人による協奏曲三昧の2日間  1991年にスタートし、今年11月の開催で第10回を迎える浜松国際ピアノコンクール。優勝者がその後飛躍を遂げるケースが多く、その実績は、話題となった恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』執筆のきっかけにもなったといわれるほどだ。  今回は特別な節目となる開催ということで、過去の覇者…

千住 明:オペラ《万葉集》 明日香風編(演奏会形式)

美しき大和ことばが紡ぎ出すいにしえの恋物語  2009年に初演されて以来、好評を得て再演を重ねてきた千住明のオペラ《万葉集》。その第1部「明日香風編」が、2月18日、八王子のいちょうホールで演奏会形式によりふたたび披露される。  俳人として人気の黛まどかが台本執筆を行った《万葉集》は2部からなるオペラで、その第1部「明…

飯森範親(指揮) 東京交響楽団

才気が漲る近代管弦楽法の精髄  東京交響楽団は、音楽監督ジョナサン・ノットのみならず、桂冠指揮者の秋山和慶やユベール・スダーンなど、楽団を熟知した名匠が継続的に定期演奏会を振っている点が、良き特徴をなしている。1994年から東響に関わる正指揮者の飯森範親もその一人。彼は、山響のモーツァルト、日本センチュリー響のハイドン…

ジョナサン・ノット(指揮) 東京交響楽団

ホルン奏者達が大活躍のコンサート  東響とエッジの効いた熱演を繰り広げている知性派指揮者ジョナサン・ノット、そのコンサートは毎回選曲にもこだわっている。ノットは現代音楽を専門とするアンサンブル・アンテルコンタンポランの音楽監督も務めたほどコンテンポラリーにも強く、プログラミングの妙との合わせ技で私たちの現代音楽食わず嫌…

ユベール・スダーン(指揮) 東京交響楽団

こまやかに彫琢された音楽の景色  功労者が定期的に戻ってくるのは、本当に喜ばしい。10年にわたる音楽監督時代を通じて、東京交響楽団に精緻な合奏力をもたらしたユベール・スダーンは、2014年3月退任後も桂冠指揮者として毎年登場。昨年9月には、ベルリオーズの大作「ファウストの劫罰」を振って、持ち前の緻密さと後任のジョナサン…