Tag Archive for 服部百音

ザハール・ブロン(ヴァイオリン)& 服部百音(ヴァイオリン)

名教師と愛弟子たちが繰り広げる豪華なステージ  世界的ヴァイオリニスト、ワディム・レーピンが芸術監督を務める「トランス=シベリア芸術祭」が、昨年に続き日本で開催される。今回はレーピンの師匠、ザハール・ブロンが昨年70歳を迎えたことを記念し、教え子たちが師を囲んで祝う豪華なガラ・コンサートが実現する。名教師ブロンの指導を…

服部百音(ヴァイオリン)

素晴らしい音楽への集中力を持った新星が登場!  伯楽ザハール・ブロンの門下からまた逸材が登場した。服部百音、17歳(1999年生まれ)である。昨年11月に東京・紀尾井ホールでリサイタルを開催したが、イザイの無伴奏曲に始まり、ヴィエニャフスキ、エルンスト、ワックスマンと技巧的に難しい作品を並べたプログラムを堂々と弾ききっ…

服部百音(ヴァイオリン)

新星ヴァイオリニストが紡ぐ情感豊かな「四季」  1999年生まれの若きヴァイオリニスト、服部百音は、8歳でオーケストラと初共演し、数々のジュニア、シニア・コンクールを制覇。現在は、東京音楽大学附属高等学校特別特待奨学生として、またスイスのザハール・ブロン・アカデミーに在籍しながらヨーロッパ各地と日本で活発な演奏活動を展…

読響サマーフェスティバル2015 三大協奏曲

話題の個性派が閃光を放つ、名協奏曲の熱き競演  8月に見過ごせないのが、恒例の読響『三大協奏曲』。なぜなら今年のソリスト陣が、話題性抜群の注目株揃いだからだ。  メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を弾くのは、1999年生まれの服部百音(もね)。10歳から数々の国際コンクールで優勝している彼女は、今年15歳でアシュケナ…

東京フィルハーモニー交響楽団&Bunkamura ニューイヤーコンサート 2014

お正月は渋谷で華やかに!  新春は豪華なオーケストラを聴きたい、演目はなじみの名曲がいい、ウィンナ・ワルツも他も色々耳にしたい、懐かしい曲やタイムリーな曲も欲しい、話題のソリストがいるとさらに愉しい、行ってラッキーなことがあれば最高に嬉しい…と並べた贅沢な要望をすべて満たす公演、それが東京フィル&Bunkamuraの《…