Tag Archive for 春秋座

【GPレポ】ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』日本初演

 10月27、28日の二日間、京都芸術劇場 春秋座でKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2017の公式プログラム、ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White(Schwarz auf Weiss)』が日本初演される。さきほど行われたドレス・リハーサルを取材した。 (201…

コロッケ&京フィル アメージングコンサート in 春秋座

モノマネ芸人による“新たなジャンル”の誕生なるか?!  「アートの域にまで高めた」と言われるまでの声帯・形態模写で、“モノマネ界のカリスマ”として君臨するコロッケ。そんな彼が新たな境地、クラシック・オーケストラとのコラボに挑む。しかも、会場は本来、歌舞伎など伝統芸能上演を目的とした京都芸術劇場 春秋座。果たして、どのよ…

池田亮司、ハイナー・ゲッベルスがKYOTO EXPERIMENTで日本初演

 KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭は回を重ねるごとに注目度が高くなり、目がはなせなくなっている。多くのイベントが毎日至るところで開催されている東京のような場所では、「フェスティバル」が「フェスティバル」としてまとめられるだけのものを持っていなければ、ほかのところでおこなわれているあまたの公演に紛れて…

WEBぶらあぼ特別インタビュー〜ハイナー・ゲッベルス(作曲・演出)

アンサンブル・モデルンの演奏行為そのものがドラマなのです  1952年生まれ。フランクフルトを拠点に活動する作曲家、演出家。ドイツの劇作家ハイナー・ミュラー(95年没)との協働で知られ、90年代からは音楽と演劇の複合としての「ムジークテアター(Musiktheater/music theatre/音楽劇)」を毎年のよう…

ゴールドリボン+世界の子どもにワクチンを チャリティー企画 伝統芸能の今 2015

ジャンルを超えたアーティストたちが集結!  歌舞伎俳優・四代目市川猿之助が芸術監督を務める京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)で9月1日に開催される「伝統芸能の今 2015」。この公演で、舌腫瘍のため長期休養中だったクラシック・ギタリストの村治佳織が舞台に復帰することとなった。2009年からスタート、今回7回目と…