Tag Archive for 小川典子

ホールアドバイザー小川典子企画 Noriko’s Day vol.5 小川典子ピアノ・リサイタル

デビュー30周年はオリジナリティ満載のプログラムで  ミューザ川崎シンフォニーホールのホールアドバイザーとして活躍し、多彩な企画・演奏で楽しませてくれるピアニストの小川典子。5回目を迎える『Noriko’s Day』もそのひとつだ。これまでも自身の演奏を中心に、ファミリーも楽しめるプログラムを組んできたこのシリーズだが…

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2017

すべてのジェネレーションが楽しめるオーケストラの祭典  ミューザ川崎シンフォニーホールを中心に繰り広げられる“クラシックの夏フェス”として、首都圏のオーケストラが連日登場する破格の音楽祭として定着している『フェスタサマーミューザ』。今年もまたレギュラー出演となる各オーケストラをはじめ、初登場となるオーケストラも加わるな…

小川典子(ピアノ)

思い出のホールで弾くモーツァルトとロマン派の傑作  1953年に開館した銀座の旧ヤマハホールは、著名演奏家のコンサートだけでなく、ピアニストを目指す子供たちのコンクールの舞台でもあった。小川典子も、子供の頃に何度も演奏したという。全面リニューアルを経て、2010年に再開館した現ヤマハホールに、もはや当時の面影はないが、…

ミヒャエル・ザンデルリンク(指揮) ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

伝統の尊重と演奏の可能性を追求  ミヒャエル・ザンデルリンクが2011年以来首席指揮者を務めるドレスデン・フィルとともに来日する。ミヒャエル・ザンデルリンクといえば旧東独の名匠クルト・ザンデルリンクを父親に持ち、二人の兄トーマスとシュテファンも指揮者というサラブレッド。ドレスデン・フィルは1870年代創立の老舗で、ミヒ…

川崎・しんゆり芸術祭 アルテリッカしんゆり2017 フィナーレ公演 東京交響楽団演奏会

 川崎市北部を中心に開催される総合芸術祭「アルテリッカしんゆり」は、2009年の創設以来、当地域の文化的な春の風物詩となっている。9回目を迎える今年は新百合ヶ丘駅周辺の6施設をはじめ、計8施設で、オペラ、コンサートから、バレエ、演劇、能・狂言、落語まで、ジャンルを超えた30演目37公演が開催される。  そして、本芸術祭…

フェスタ サマーミューザ KAWASAKI2017が今年も開催

 2005年にスタートし、「音楽のまち・かわさき」の夏の風物詩としてクラシック・ファンの間でもおなじみのイベントとなっている『フェスタ サマーミューザ KAWASAKI』が7/22(土)〜8/11(金・祝)に開催される。  13年目となる今年は、オープニングとフィナーレで演奏するホストオーケストラの東響をはじめ、東京シ…

紀尾井ホール室内管弦楽団 2017年度定期演奏会

創造性豊かな、室内オーケストラの新時代が始まる  室内オーケストラ編成によるハイクオリティな演奏で人気の紀尾井シンフォニエッタ東京が、「紀尾井ホール室内管弦楽団」としてリニューアル。相性の良さを再三示してきたウィーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・ホーネックを首席指揮者に迎えて、新たなスタートを切る。精鋭による…

ホール・アドバイザー 小川典子企画 Noriko’s Day Vol.3

ピアノの魅力がはじける1日  10月31日、ミューザ川崎シンフォニーホールのホール・アドバイザーであるピアニストの小川典子が、今年も同ホールをまる1日使って『Noriko’s Day』を開催する。小川の出演するコンサートが朝、昼、夕にひらかれ、それぞれまったく違った内容となっている。  「モーニング・コンサ…

フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2015

首都圏のプロ・オーケストラが集結する“クラシック音楽の夏フェス”  2005年に産声をあげ、今や春の風物詩として定着した『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』『東京・春・音楽祭』という2つの音楽祭。その前年である04年にオープンしたミューザ川崎シンフォニーホールを舞台に、夏の祭典としてスタートした『フェスタサマーミュー…

夜クラシック Vol.3 菊池洋子(ピアノ) & Vol.4 小川典子(ピアノ)

アフターワークでも気軽に楽しめる本格コンサート  夜の8時から1時間、気軽に聴ける低料金、女性ピアニストたちが「いま聴いて欲しい曲」を演奏。文京シビックホールの人気シリーズになりつつある『夜クラシック』は、首都圏のホールでも珍しい企画であり、登場するピアニストが個性を発揮してプログラムを組んでいる。その第3回に登場する…