Tag Archive for 大友肇

高関 健(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団「第九」

今年は颯爽としたアプローチの「第九」をじっくり味わう  東京シティ・フィルの今年の「第九」を振るのは、常任指揮者の高関健。高関は2015年に東京シティ・フィルの常任指揮者に就任すると、演奏水準を著しく向上させたように思われる。そのうえ、実力あるプレイヤーたちを新たに加え(たとえば第2ヴァイオリン首席奏者:桐原宗生、客員…

〈歌曲の森〉〜詩と音楽 Gedichte und Musik〜 第21篇・第22篇 ナタリー・シュトゥッツマン シューベルトを歌う

新たな試みでシューベルトの心象風景を描く  『歌曲(リート)の森』のシリーズは、トッパンホールの自主企画公演の柱のひとつ。文字どおり、ドイツリートに光を当てた貴重な好企画で、2008年のスタート以来、クリストフ・プレガルディエンやイアン・ボストリッジ、マーク・パドモアら、豪華な顔ぶれが次々と登場して、ドイツリートの奥深…

音楽堂 ヴィルトゥオーゾ・シリーズ 19 ナタリー・シュトゥッツマン(コントラルト)

室内楽伴奏で味わうシューベルトの歌曲  世界的なコントラルトとして名高いだけでなく、近年は指揮での活躍も目覚ましいナタリー・シュトゥッツマンだが、5月に神奈川県立音楽堂が企画するヴィルトゥオーゾ・シリーズでは、その歌声で再登場する。  2014年の同シリーズ第12回ではフランス歌曲のエスプリを味わわせてくれたが、今回は…

大友 肇(チェロ)&クァルテット・エクセルシオのメンバーに聞く

大友肇というチェリストの名前は、常に「クァルテット・エクセルシオ」という弦楽四重奏団と共にある(と言ってもいいだろう)。室内楽奏者としての人生を歩み、現在は音楽活動全体の90%以上を、エクセルシオのメンバーとして過ごすという。それゆえ東京・春・音楽祭で聴けるソロ(無伴奏)およびピアノとのデュオは貴重だ。  2014年度…

大友 肇(チェロ)&クァルテット・エクセルシオのメンバーに聞く

 大友肇というチェリストの名前は、常に「クァルテット・エクセルシオ」という弦楽四重奏団と共にある(と言ってもいいだろう)。室内楽奏者としての人生を歩み、現在は音楽活動全体の90%以上を、エクセルシオのメンバーとして過ごすという。それゆえ東京・春・音楽祭で聴けるソロ(無伴奏)およびピアノとのデュオは貴重だ。  2014年…