Tag Archive for 大井剛史

東京佼成ウインドオーケストラ 吹奏楽大作戦2017 ―Mの秘密―

名作に秘められた“秘密”とは?  「Mの秘密」って何? 東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)の「吹奏楽大作戦2017」が開催される4月は、作曲家・真島俊夫の一周忌。そこで今回は、冒頭に挙げたタイトルで、オール真島プログラムが披露される。ここ30年の吹奏楽経験者で彼の作品や編曲を演奏したことがない人は、まずいないだろ…

明日を担う音楽家たち 文化庁在外研修の成果

新世代のきらめく才能をコンチェルトで聴く  音楽界の未来を拓く若手演奏家たちが、文化庁の新進芸術家海外研修制度による研鑽の成果を披露する『明日を担う音楽家たち』。今回は、川田修一(トランペット)、宮西純(テューバ)、大野若菜(ヴィオラ)、上村文乃(チェロ)、入江一雄(ピアノ)という5人の俊英たちが、大井剛史指揮の新日本…

東京文化会館 夏休み子供音楽会2016

大人も楽しめる本格的なプログラム  上野の森にあるクラシックの殿堂・東京文化会館が夏休みの1日、子ども向けに解放される! 大ホールでは若きマエストロ・大井剛史の指揮&トーク、東京都交響楽団の演奏によるコンサートを開催。約1時間のプログラムだが、ロッシーニ《セビリアの理髪師》やヴェルディ《アイーダ》に登場する有名なオーケ…

日本フィル&サントリーホール とっておき アフタヌーンVol.3 『バレエ × オーケストラ』

サントリーホールでバレエを満喫  2016年に創立60周年を迎える日本フィルハーモニー交響楽団と、開館30周年を迎えるサントリーホール。日本の音楽シーンをリードしてきた両雄が、今年1月、音楽の間口を広げて新たな魅力を引き出す、平日の午後限定企画を始動させた。「とっておき アフタヌーン」こと、異ジャンルの新進アーティスト…

第13回 東京音楽コンクール

若き才能の躍動を体感する  芸術家としての可能性に富む新人音楽家を発掘し、育成と支援を行うため、東京文化会館や東京都などが主催し、2003年のスタート以来、毎夏開催されている東京音楽コンクール。第13回となる今年からは、出場者の居住地を不問とし、部門審査員に外国人が参加、音源審査を廃止してホールでの演奏審査へ切り替え、…

大井剛史(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

新世代の名手たちの共演  約1,230席という空間の中でオーケストラの音がダイレクトに、そしてパワフルに体感できる、東京シティ・フィルの「ティアラこうとう定期演奏会」。初台の東京オペラシティにおける定期演奏会とは別の魅力を持つ年4回のシリーズだが、7月18日に行われる第42回は指揮者もソリストも新鮮な顔ぶれだ。  指揮…

須川展也(サクソフォン)

日本のトップ奏者が、古巣のトップ楽団に久々登場!  サクソフォンの第一人者、須川展也が、「世界をリードする吹奏楽団」(須川)たる東京佼成ウインドオーケストラの4月の定期演奏会(大井剛史指揮)に、ソリストとして登場する。これは、2010年まで22年間コンサートマスターを務めた同楽団の定期に、卒団後初めて出演する大注目の公…

東京佼成ウインドオーケストラ定期演奏会 2014/15シーズン

トップ楽団が新体制でおくる充実のラインナップ  ジャンル分けなど必要ない。極上の響きは耳のご馳走、素敵な音楽は心の滋養となる——そう思わせるのが、最高水準の技倆で世界に名高い吹奏楽団・東京佼成ウインドオーケストラだ。このほど彼らの2014/15シーズン定期演奏会のラインナップが発表された。今年は、育ての親ともいえるフレ…

第12回東京音楽コンクールの本選出場者が決定

 将来の音楽界を担うアーティストの発掘と育成・支援を目的に毎年開催されている「第12回東京音楽コンクール」の本選出場者(第2次予選通過者)が決まった。  本選出場者は以下の通り。 【金管部門】(本選:8月22日(金)18:00 東京芸術劇場 コンサートホール) http://www.t-bunka.jp/sponser…

第12回 東京音楽コンクール

未来の巨匠たちを探そう  新しい才能と出会うことができる、コンクールという場所。国内で開催されるものは、手軽に足を運んで自らの耳でその出会いを体験できる、貴重な機会だ。  国内の実力派が集結することでおなじみの東京音楽コンクールが、今年も開催される。7月後半に行われる第1次予選(非公開)、第2次予選(公開)から約1ヵ月…