Tag Archive for 吉田都

吉田都が新国立劇場舞踊部門の次期芸術監督に

 バレエダンサーの吉田都が、新国立劇場の2020/21シーズンからの舞踊部門芸術監督予定者として芸術参与に就任することが決まった。芸術参与就任は2018年9月1日。6月28日に開催された新国立劇場運営財団理事会で決定した。  芸術監督の任期は2020年9月1日から2024年8月31日までの4年間を予定している。大原永子…

『吉田都 × 堀内元 Ballet for the Future』

次代へのメッセージを込めて 「WEBぶらあぼ+Danza inside」(ebravo.jp)で既報の通り、世界最高峰のバレエ団のプリンシパルとして活躍した吉田都と堀内元が、次代へのメッセージを込めて<Ballet for the Future>と題した公演を8月に金沢と東京で開催する。  吉田は英国サドラーズウェルズ…

『吉田都×堀内元 Ballet for the Future』トークイベントレポート

 今や日本人が海外のバレエ団で活躍するのは珍しくなくなったが、日本人として初めて世界最高峰のバレエ団のプリンシパルとして活躍した吉田都と堀内元が<Ballet for the Future>と題した公演を8月に金沢と東京で行う。6月6日、Chacottダンスキューブ勝どきで、両氏出席のもとトークイベントを開催。ふだん聞…

8月開催決定!『吉田都 × 堀内元 Ballet for the Future』

 世界最高峰のバレエ団で日本人として男女それぞれ初めてのプリンシパル(最高位)となった二人、吉田都と堀内元が、バレエファン・バレエを学ぶすべての方へ、“次代へのメッセージ”を贈る公演『吉田都 × 堀内元Ballet for the Future』をこの夏2公演だけ、金沢と東京で行うことが決まった。   ABTから移籍し…

ミハイロフスキー劇場バレエ

トップスターたちが舞う贅沢なラインナップ  2012年まで毎年、年末年始に来日公演を行ってきたレニングラード国立バレエが現地での正式名称の「ミハイロフスキー劇場バレエ」と名を改め、今回3年ぶりに待望の再来日を果たす。前回の公演から3年の間に、現代を代表する振付家のひとりであるナチョ・ドゥアトが芸術監督に就任、その後レジ…

日本舞踊 × オーケストラ Vol.2

ジャンルを超えた一流アーティストたちの饗宴  2012年、花柳壽輔、井上八千代、野村萬斎らがクラシック音楽で踊って話題を呼んだ『日本舞踊×オーケストラ』の第2弾が上演される。構成・演出には、前回に引き続いて花柳壽輔、監修は、宝塚歌劇団の植田紳爾。まず注目したいのがラヴェルの『ボレロ』。今回はアレッシオ・シルヴェストリン…

オーチャードホール25周年ガラ〜伝説の一夜〜

各界からの豪華な顔ぶれが集結  オペラより7曲、バレエより4作品をはじめ、さらに全員が揃う1場面も予定しているという『オーチャードホール25周年ガラ』。総合監修の熊川哲也は「人生における25年は短くないが、劇場としては、地に足をつけ、前を向き始めたところ。さらなる高みに向けて、アーティスト同士で力を合わせ、日本人の民度…

アリーナ・コジョカル〈ドリーム・プロジェクト2014〉

 昨年、英国ロイヤル・バレエから、イングリッシュ・ナショナル・バレエへと移籍。今が旬の可憐なプリマ、アリーナ・コジョカルが、今夏、英国ロイヤル・バレエ団やルーマニア国立バレエなどの精鋭たちと日本にやってくる。2012年に続く〈ドリーム・プロジェクト〉第2弾。見どころは、コジョカルが巨匠ノイマイヤー振付の『リリオム』と『…