Tag Archive for 千住真理子

千住真理子(ヴァイオリン)

いつまでもブラームスの世界に浸っていたいと思うのです  2015年にデビュー40周年を迎え、益々活躍めざましい人気ヴァイオリニスト、千住真理子。「今はブラームスがたまらなく弾きたくなる時」という彼女が最新アルバム『ドラマティック・ブラームス』と同名のコンサートを7月に開く。ピアノはアルバムと同じ丸山滋が務める。 「10…

アフタヌーン・コンサート・シリーズ 2017-2018前期

絶妙なラインナップが魅力の月に一度のお楽しみ  最近、とみに目立つようになったのが、平日昼間のコンサート。どんどん数が増えてきた。こういった平日昼の公演に足を運んでみると、おおむね客席も盛況で、客層は予想以上に幅広い。決して仕事をリタイアした年配の方々ばかりが集まっているわけではなく、現役世代の方も少なくないのだ。子育…

千住真理子(ヴァイオリン) & スーク室内オーケストラ

弦の美音に浸る喜び  名ヴァイオリニスト千住真理子が、厚い信頼を寄せるスーク室内オーケストラとともにヴィヴァルディの「四季」他を奏でる。  2015年にデビュー40周年の節目を迎え、リサイタルにレコーディングにと多彩な活動が続く千住真理子。長年共演してきたスーク室内オーケストラとの共演は、「言葉を越えた魂の語らい」だと…

【読者プレゼント】映画『ストリート・オーケストラ』(8/13公開)

 ブラジル最大のスラム街。運命に立ち向かう為に、子供達が手にしたのは“ラップ”でも“サッカー”でもなくクラシック音楽だった・・・  ロカルノ国際映画祭での上映で8000人もの観客が喝采を贈ったのを皮切りに、世界で喝采の輪を拡げつつある感動の実話が、8月13日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で上映される …

活動30周年 千住 明 個展コンサート 2015 with Orchestra

 映画・ドラマの音楽からCM、純音楽まで、作曲家・プロデューサーとして活躍する千住明が、活動30周年を記念して、東京、名古屋、大阪で個展コンサートを開く。3公演それぞれ趣向が盛り沢山の内容で、豪華ゲストとの共演をゴージャスなオーケストラ・サウンドが彩る。各公演とも前半は、「風林火山」「アルジャーノンに花束を」等々、ドラ…

千住真理子(ヴァイオリン)

協奏曲と“無伴奏”で自分の核となる部分をお見せしたいと思います  NHK交響楽団と共演してデビューしたのはまだ小学生だった1975年。それから40年の節目の年を迎えている千住真理子。メモリアル・イヤーを、彼女らしい熟考がうかがえるプログラムで疾走中だ。昨年末から、『ベスト盤』『イザイ無伴奏ソナタ全曲』『バッハ無伴奏ヴァ…

日本フィル 第40回 九州公演

オーケストラと地域の絆が熱演を生む  日本フィルの九州公演が40周年を迎える。今年は2月4日から17日にかけて、宮崎、大分、唐津、佐賀、長崎、北九州、熊本、大牟田、福岡、鹿児島をめぐる全10公演が開催される。指揮を担うのは桂冠指揮者である小林研一郎。九州公演での指揮は6年ぶりだ。  40年にもわたり継続してツアーが行な…

音楽のある週末 第22回 千住真理子 イザイ無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会

記念の年に奏でる渾身のイザイ 【お詫びと訂正】 ぶらあぼ 2014年12/18発行 2015年1月号 「Pick Up」42ページ に掲載しました 『音楽のある週末 第22回 千住真理子イザイ無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会』の記事で、 千住真理子さんのお名前に誤りがございました。 誤:千住真里子 正:千住真理子 …

東日本大震災 復興支援 チャリティコンサート 〜クラシック・エイドVol.4〜

復興を願って豪華アーティストが結集!  音楽の力を信じ、被災地の一日も早い復興を願って続けられている《クラシック・エイド》も今年で第4回を数える。前回は収益の一部と会場募金をあわせて約567万円もの寄付を実現するなど、着実な成果をあげているが、豪華アーティストが結集したこの魅力的なプログラムを見ればそれも納得。前半は厳…

千住真理子&スーク室内オーケストラ クリスマス・コンサート

数々の名曲を美しい弦の響きで  ドイツ語圏やチェコの冬の風物詩として知られ、華やかなライトアップの下で人々の笑顔が行き交うクリスマスマーケット。今年の12月は東京オペラシティがそんな温かい雰囲気に包まれるかもしれない。プラハから、あのスーク室内オーケストラがやって来るのだから。  作曲家ヨセフ・スークの名を冠し、世界的…