Tag Archive for 井上道義

「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門にリッカルド・ムーティ

 第30回「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催:公益財団法人日本美術協会)の受賞者が7月10日の記者会見で発表された。音楽部門では、指揮者のリッカルド・ムーティ(イタリア)が選ばれた。  ムーティは、1941年ナポリ生まれ。ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院などで学び、67年にグィード・カンテッリ国際指揮者コンクールで…

全国共同制作プロジェクト《ドン・ジョヴァンニ》、井上道義指揮&森山開次演出で上演

 来年1月の富山公演を皮切りに、東京、熊本と全国3都市で、全国共同制作プロジェクト モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》(新演出・英語字幕付・日本語上演)が上演される。  全国共同制作プロジェクトは、全国の公共ホール・芸術団体などが手を組み、新演出のオペラを共同制作し、国内巡演するプロジェクト。これまでに、井上道義…

井上道義が語る、バーンスタイン

 横浜みなとみらいホールの開館20周年を記念して、井上道義指揮「バーンスタイン生誕100周年記念演奏会」がひらかれる。20世紀後半を代表する指揮者の一人として一世を風靡したレナード・バーンスタイン(1918〜1990)が、作曲家としてどれだけ多彩で魅力的な作品を残したかを知るコンサートとなるに違いない。 (取材・文 山…

横浜みなとみらいホール開館20周年 井上道義(指揮) 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 バーンスタイン生誕100周年記念演奏会

“作曲家”バーンスタインの偉業に光を当てる  生誕100年を迎えたレナード・バーンスタインだが、作曲家としての偉業に光が当てられ、多くのコンサートで作品が聴けるのはうれしいこと。首都圏であってもあまりコンサートでは聴けない作品を“発掘”できるのは、アニバーサリー・イヤーならではの喜びだ。  昨年、大阪でバーンスタインの…

【CD】[横笛]赤尾三千子の世界 乙女と若武者のためのレクイエム 新版 水炎伝説―義経の笛

 赤尾三千子は70年代から多くの作曲家とコラボしつつ横笛の現代的な可能性を探ってきた。新版「水炎伝説」は石井眞木のオリジナル作品に松下功作品などを加えて編みなおしたもの。西洋楽器群が織りなす緻密なテクスチュアに、息の強度や揺らぎで一人対峙する姿がまぶしい。古寺に伝わる義経の龍笛「薄墨」は8世紀以上の時を超えて命を吹き込…

大阪フィルハーモニー交響楽団 尾高忠明音楽監督就任披露公演

ゆかりの大曲で告げる新たな歴史の幕開け  尾高忠明が大阪フィルハーモニー交響楽団音楽監督に就任し、4月に行われる記念すべき就任披露公演のメインに選んだのがブルックナーの交響曲第8番だ。  ブルックナーは言うまでもなく、大阪フィルの創設者朝比奈隆の重要なレパートリーであり、中でも第8番はまさに十八番(オハコ)であった。朝…

シュニトケ & ショスタコーヴィチ プロジェクト2―チェンバー・オーケストラ

時代に翻弄された作曲家3人の内奥を探る  独自の視点と問題意識をもって、意欲的な主催公演を企画し続けているトッパンホールによる、今シーズン屈指の挑戦的な公演が「シュニトケ & ショスタコーヴィチ プロジェクト」である。室内楽作品を集めた第1回に続き、第2回は室内オーケストラを中心とした協奏作品——シュニトケの代表作「コ…

井上道義(指揮) オーケストラ・アンサンブル金沢

ファイナルもウィットに富んだ選曲で  10年間の“集大成”となる、鮮烈な響きを体感しておきたい。2007年の音楽監督就任以来、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の音楽性を磨き上げてきた名匠・井上道義が、この3月をもって退任することに。ハイドン初期の名交響曲とプーランクの佳品という、いかにも井上らしい、ひと捻り効い…

井上道義(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

夢と悪夢のグラデーション  井上道義が初めて日本のプロオーケストラの定期公演を指揮したのは、1976年の日本フィル東京定期演奏会だったという。当時のメイン・プログラムはベルリオーズの「幻想交響曲」。そんな縁で結ばれた井上と日本フィルが、40年以上の時を超えてふたたび「幻想交響曲」を演奏する。しかもプログラムがおもしろい…

アフラック クラシックチャリティーコンサート

名曲&名演で子どもたちに励ましを!  リニューアル・オープンしたサントリーホールに、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の潑剌とした演奏が響く。指揮はもちろん音楽監督の井上道義だが、コンサートは、小児がんと戦いながら毎日を送っている子どもたちと、それを支えているご家族のために行われるチャリティー公演なのだ。ユニーク…