Tag Archive for ライナー・ホーネック

今井信子(ヴィオラ)

ヴィオラという楽器はヴィオラを愛していないと音楽を伝えることができません  ヴィオラの世界的トップ・リーダー今井信子が、紀尾井ホール室内管弦楽団の第113回定期演奏会(9月)に独奏者として登場する。首席指揮者でウィーン・フィル・コンサートマスターのライナー・ホーネックの弾き振りによるモーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオ…

ライナー・ホーネック(指揮/ヴァイオリン) 新日本フィルハーモニー交響楽団

ウィーンの名手が“弾き振り”で聴かせる2大名作  ライナー・ホーネックといえば、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターにして、現在は紀尾井ホール室内管弦楽団(旧「紀尾井シンフォニエッタ東京」)の首席指揮者を務め、ヴァイオリニストとしても多くのコンサートに登場するという、日本でもおなじみの音楽家だ。そのホ…

21世紀のコンセール・スピリチュエル ―音楽の力― 第1回 ライナー・ホーネック(ヴァイオリン)

親密な空間で上質な音楽体験を  代官山駅近く、文化拠点としても知られる「代官山ヒルサイドテラス」内にある「ヒルサイドプラザホール」。200名に満たない親密な空間で、年3回の新たなコンサート・シリーズ「21世紀のコンセール・スピリチュエル —音楽の力—」が今秋から開催される。  記念すべき初回、9月の公演は、ウィーン・フ…

新日本フィルが2017/2018シーズンプログラムを発表

 新日本フィルハーモニー交響楽団が2017/18シーズンラインナップ、および第8回ルビー〈アフタヌーン コンサート・シリーズ〉のプログラムを発表した。 (2017.4/11 すみだトリフォニーホール Photo:M.Otsuka/Tokyo MDE)  今年は、本拠地のすみだトリフォニーホールが開館20周年。新日本フィ…

紀尾井ホール室内管弦楽団 2017年度定期演奏会

創造性豊かな、室内オーケストラの新時代が始まる  室内オーケストラ編成によるハイクオリティな演奏で人気の紀尾井シンフォニエッタ東京が、「紀尾井ホール室内管弦楽団」としてリニューアル。相性の良さを再三示してきたウィーン・フィルのコンサートマスター、ライナー・ホーネックを首席指揮者に迎えて、新たなスタートを切る。精鋭による…

紀尾井シンフォニエッタ東京から紀尾井ホール室内管弦楽団へ

 紀尾井シンフォニエッタ東京が、2017年4月から「紀尾井ホール室内管弦楽団」に改称する。併せて首席指揮者にライナー・ホーネックを迎える。5月26日に都内で行った記者会見で発表した。会見には、町田龍一(新日鉄住金文化財団常務理事)、山口真一(同財団制作部長)、玉井菜採(紀尾井シンフォニエッタ東京 コンサートマスター)が…

紀尾井シンフォニエッタ東京 2015/16シーズン定期演奏会

今年も期待高まる意欲的なラインナップ  紀尾井シンフォニエッタ東京の2015/16シーズンのラインナップが発表された。紀尾井ホールのレジデント・オーケストラとして例年意欲的な公演に取り組む同楽団だが、新シーズンも充実したプログラムが並ぶ。  まず新シーズンの幕開けとなる第101回定期演奏会では、ハンガリー出身のガーボル…

紀尾井シンフォニエッタ東京 2014/15シーズン

創立20周年に向けての好ラインナップ  紀尾井シンフォニエッタ東京が来年4月に創立20周年を迎える。さらに7月には100回目となる定期演奏会を開くとあって、2014/15シーズンは例年にも増して意欲的な公演が並んだ。  第96回定期(9/19,9/20)で記念すべき新シーズンの幕開けを飾るのは、名匠アントン・ナヌート。…