Tag Archive for マルク・ミンコフスキ

マルク・ミンコフスキOEK芸術監督就任記念 オーケストラ・アンサンブル金沢 《ペレアスとメリザンド》(セミ・ステージ形式)

ドビュッシーイヤーを盛り上げる話題のオペラ公演  《ペレアスとメリザンド》は、オペラには珍しく、「分かり合えない辛さ」を描いた傑作である。劇中では、王子ゴローが妻メリザンドと心を通わせた異父弟ペレアスを刺殺するが、血にまみれたその瞬間すらも、ドビュッシーの寂寥感漂う響きで包まれてしまい、メリザンドの死の幕切れでは、10…

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018 記者発表会

 この夏、7月21日から8月12日まで開催される「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018」のラインナップ記者発表会が、3月28日に行われた。同音楽祭は、ミューザ川崎シンフォニーホールとテアトロ・ジーリオ・ショウワをメイン会場として毎年開催されており、今年で14回目を迎える。会見では、川崎市長の福田紀彦、ミュー…

井上道義(指揮) オーケストラ・アンサンブル金沢

ファイナルもウィットに富んだ選曲で  10年間の“集大成”となる、鮮烈な響きを体感しておきたい。2007年の音楽監督就任以来、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の音楽性を磨き上げてきた名匠・井上道義が、この3月をもって退任することに。ハイドン初期の名交響曲とプーランクの佳品という、いかにも井上らしい、ひと捻り効い…

マルク・ミンコフスキ(指揮) レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル

 この2月、マルク・ミンコフスキがピリオド楽器のオーケストラ、レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴルを率いて来日し、メンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」、交響曲第3番「スコットランド」・第4番「イタリア」を演奏する。  バロックから20世紀初頭まで彼らのレパートリーはひろく多彩だが、メンデルスゾーンは珍しい。昨年夏、東京都…

クラシカ・ジャパンが開局20周年を前に、無料放送を実施

 日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」が2018年に開局20周年を迎える。これに先立ち、11月3日から5日まで、大型無料放送「クラシカ音楽祭:クラシカ・ジャパン開局20周年直前特集」を実施する。期間中は「クラシカ・ジャパン」との契約なしで全放送を無料で視聴(*)できる。 (*スカパー!プレ…