Tag Archive for ベルトラン・ド・ビリー

ペトレンコ&カウフマン《パルジファル》をオンデマンド配信〜バイエルン国立歌劇場

 ミュンヘンで6月24日から7月31日まで「ミュンヘン・オペラ・フェスティバル2018」が開催されている。  今年の話題はなんと言ってもキリル・ペトレンコ指揮のもとヨナス・カウフマンが主役を歌うバイエルン国立歌劇場の新制作オペラ、ワーグナー《パルジファル》(6月28日初演、7月31日まで)。  オランダ国立オペラ(ネー…

新日本フィルが2018/19シーズンラインアップ発表

 新日本フィルハーモニー交響楽団が都内で会見を行い、2018/19シーズンのラインアップを発表した。墨田区は、すみだトリフォニーホール開館前の1988年から「墨田音楽都市構想」を掲げ、同楽団と連携。両者のフランチャイズ提携は30周年の節目を迎えた。会見では、今秋で就任3シーズン目に入る音楽監督の上岡敏之、ソロ・コンサー…

東京二期会が2018/19シーズンラインアップを発表

 東京二期会が「2018/19シーズンラインアップ」を発表した。7月26日に行われた記者会見には、中山欽吾理事長、山口毅事務局長兼企画制作部長のほか、テノールの小原啓楼と女優の大和悠河の計4名が登壇した。 (2017.7.26 東京文化会館 Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE)  2018/19シーズ…

ベルトラン・ド・ビリー(指揮) 東京都交響楽団

“ダブル”の快感  プログラムは2曲。デュティユーとブラームス、交響曲第2番が2つ。つまりダブル。さらに前者の副題は「ル・ドゥーブル」、すなわち“ダブル”という意味のフランス語。この“ダブりだらけ”の演奏会を指揮するのは、ベルトラン・ダ・ブルならぬ、ベルトラン・ド・ビリー。この指揮者らしい、ユーモアと几帳面さの両面が見…

光の魔術師アルローの《アラベッラ》

 1860年のウィーン。賭博好きが高じて破産寸前の伯爵ヴァルトナーには二人の娘アラベッラとズデンカがいる。士官のマッテオはアラベッラを愛するが、アラベッラは資産家の甥マンドリカと恋に落ちる。一方、妹のズデンカはマッテオへの同情が次第に愛へと変わり、姉の部屋の鍵と偽って自分の部屋の鍵を渡す。アラベッラとマッテオの不貞と勘…

ベルトラン・ド・ビリー(指揮) 東京フィルハーモニー交響楽団

重量級ダブル「英雄」プログラム  ベルトラン・ド・ビリーが東フィルの指揮台に立つ! これは楽しみな共演が実現した。ド・ビリーといえば、ウィーン放送交響楽団音楽監督として旋風を巻き起こし、ウィーン国立歌劇場やメトロポリタン・オペラなどからもたびたび招かれる旬の指揮者。一昨年はNHK交響楽団定期公演に来日して、しなやかで躍…