Tag Archive for ノルマ

METライブビューイング2017-18シーズン

魅惑のラインナップ全開! 新シーズン、いよいよ開幕  充実したキャストと豪華な舞台で、世界の人気歌劇場のトップランナーであり続けているニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET=メト)。そのシーズンのハイライト演目を映画館で上映する「METライブビューイング」も、12年目に突入する。映画館で気軽に、しかも最新の公演を鑑…

カルッツかわさき 川崎市スポーツ・文化総合センター オープン

本格的なオペラやステージアートを楽しめる劇場が川崎に誕生!  川崎に新たな音楽芸術の拠点が誕生する。この10月1日にグランド・オープンを迎える川崎市スポーツ・文化総合センター、通称「カルッツかわさき」。同じく市が所有するミューザ川崎シンフォニーホールがコンサート専用であるのに対して、カルッツはより多目的に利用できる、客…

【読者プレゼント】METライブビューイング アンコール上映

 世界最高峰の歌劇場のひとつとして知られる、メトロポリタン・オペラ(MET)の最新公演を映画館で堪能できる「METライブビューイング」。さきごろ発表された2017/18新シーズンのラインナップには《魔笛》《ラ・ボエーム》などの人気演目に加え、新演出の《ノルマ》《トスカ》《コジ・ファン・トゥッテ》、MET初演となる《皆殺…

東京二期会が2018/19シーズンラインアップを発表

 東京二期会が「2018/19シーズンラインアップ」を発表した。7月26日に行われた記者会見には、中山欽吾理事長、山口毅事務局長兼企画制作部長のほか、テノールの小原啓楼と女優の大和悠河の計4名が登壇した。 (2017.7.26 東京文化会館 Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE)  2018/19シーズ…

マリエッラ・デヴィーア(ソプラノ)

ノルマ役を歌い演じるうちに自分の声に新しい力が加わったのを感じます  「ベルカント・オペラの女王」と呼ばれ、多くのオペラ・ファンから敬愛されるソプラノ、マリエッラ・デヴィーア。低い音域から超高音まで響きを変えずに歌い進める姿を、発声法の理想形として崇める後輩歌手は多い。そのデヴィーアが今年7月と10月に上演される共同制…

びわ湖ホール 2017年度自主事業発表

 びわ湖ホールが2017年度自主事業を発表した。18年の開館20周年を視野に入れ「トップレベルの劇場」を目指すというだけにラインナップも充実している。  とくに注目の公演は4演目。まず、4年連続のワーグナー《ニーベルングの指環》の2作目《ワルキューレ》(18.3/3,3/4)。今年3月の《ラインの黄金》に続いての沼尻竜…

【モニター試写会】英国ロイヤル・オペラ・ハウス 2016/17シネマシーズン 《ノルマ》

 オペラ、バレエともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を映画館で楽しめる『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 』(東宝東和配給)。昨シーズンに続き2016/17シーズンも全国のTOHOシネマズ系列を中心とした映画館で順次上映する。  2016/17シーズンは、11月25日…

『クラシカ音楽祭〜ようこそJAPAN〜注目アーティスト、もっと魅せます!』

 日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」が、11月18日から20日までの3日間、「クラシカ音楽祭」を実施する。題して「ようこそJAPAN〜注目アーティスト、もっと魅せます!」  期間中は無料放送で、この秋から年始にかけて来日するアーティストたちの、ヨーロッパでの活躍を紹介、来日公演とは一味違…

プラハ国立歌劇場 《魔笛》《ノルマ》

 モーツァルトの曲には、脳を活性化させる力がある、という。それは、音楽ファンのみならず、演奏現場のアーティストたちも日々感じ入る境地だろう。規則正しいリズムで背筋が伸びて、メロディから音の粒が勢いよく弾け飛ぶさまが、まるで炭酸泉浴のような心地よさを、耳から体内へともたらすのだ。だから、ピアニストでも歌手でも、「モーツァ…

深作健太が《ローエングリン》を演出〜東京二期会が2017/18シーズンラインアップ発表

 7月15日、東京二期会が「2017/2018シーズンラインアップ」を発表した。同日行われた記者会見には中山欽吾理事長、山口毅事務局長兼企画制作部長、ソプラノの林正子とテノールの城宏憲の4名が登壇した。 (2016.7.15 東京文化会館 Photo:H.Yamada/Tokyo MDE)    シーズンのテーマは「発…