Tag Archive for ゲルギエフ

松田華音(ピアノ)

ロシアのピアノ音楽のエッセンスを体感  ロシア育ちの21歳、松田華音の美麗なサウンドがこの秋、日本のコンサート・ホールを駆けめぐる。  全国で5公演が予定されているリサイタル(東京公演は10/30)は、先ごろリリースされたセカンド・アルバムにも収められたプロコフィエフ「『ロメオとジュリエット』より10の小品」とムソルグ…

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2017

すべてのジェネレーションが楽しめるオーケストラの祭典  ミューザ川崎シンフォニーホールを中心に繰り広げられる“クラシックの夏フェス”として、首都圏のオーケストラが連日登場する破格の音楽祭として定着している『フェスタサマーミューザ』。今年もまたレギュラー出演となる各オーケストラをはじめ、初登場となるオーケストラも加わるな…

ジャパン・アーツがサマー・キャンペーンを実施

この秋日本公演を行う、ゲルギエフ率いる「マリインスキー・オペラ」十八番のチャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》、壮大な歴史絵巻ヴェルディ《ドン・カルロ》の2作品について、日時・期間・枚数限定で割引販売する。 【期間】 2016年8月8日(月)10:00〜8月20日(土)23:59 【対象公演】 ●ヴェルディ《ドン・…

フェルッチョ・フルラネット インタビュー Vol.1

フィリッポ役を歌って35年  現代を代表するバス歌手として世界中で活躍するフェルッチョ・フルラネット。数多くのレパートリーの中でも特にフィリッポ二世役は“現代最高”の定評がある当たり役であり、2001年のサントリーホール・オペラ「ドン・カルロ」での名唱はいまや“語り草となっているオペラ界のレジェンド。来年、15年ぶりに…

新スター登場! ディミトリー・コルチャック新国立劇場《ウェルテル》で大成功!!

 新国立劇場で上演中のマスネ作曲《ウェルテル》でタイトルロールを演じ、初日から圧倒的な存在感で聴衆を魅了したロシア人テノール歌手ディミトリー・コルチャック。日本でオペラの舞台に立つのはこれが初めてで、ほとんどの聴衆がノーマークだったはずだが(怪我で急遽降板したマルチェッロ・ジョルダーニの代役)、シルクを思わせる質感の高…

ゲルギエフ&東響がチェスキーナ洋子メモリアルコンサートを開催

 東京交響楽団は8月5日(水)サントリーホールで、今年1月10日、ローマ市内の病院で死去したチェスキーナ洋子氏を偲ぶ追悼コンサートを開催する。指揮はワレリー・ゲルギエフ。  故・チェスキーナ洋子氏は、東京交響楽団ハープ奏者を経て、1960年、戦後初の公費留学生としてイタリア・ヴェネツィア音楽院に留学、資産家のレンツォ・…