Tag Archive for クラウディオ・アバド

音楽家を撮り続けた写真家・木之下晃の作品展が開催

 10月29日(日)まで、JCIIフォトサロン(東京都千代田区)で、木之下晃作品展 「石を聞く肖像」が開催されている。  1960年代から半世紀にわたり、指揮者、演奏家、作曲家を撮り続けた写真家、木之下晃(1936ー2015)は、世界のクラシック音楽家の演奏する内面を凝視した作品群で知られ、彼によって「音楽がフィルムに…

ルツェルン祝祭管弦楽団が11年ぶりに来日

 スイスのルツェルン・フェスティバルのレジデント・オーケストラであるルツェルン祝祭管弦楽団(LFO)が11年ぶりに日本公演を行う。10月6日からのツアーを前に4日、音楽監督のリッカルド・シャイーらが会見した。  会見場となった「アーク・ノヴァ」は、音楽を通じて東日本大震災からの復興を支援しようと、ルツェルン・フェスティ…

ルツェルン・フェスティバル管弦楽団が11年ぶりに来日

 今年の10月に、ルツェルン祝祭管弦楽団(LFO)が11年ぶりに来日する。クラウディオ・アバドらが創設したLFOの音楽監督に、リッカルド・シャイーが2016年に就任。今回はシャイー就任後初の来日となる。  日本ツアーに先駆け、ルツェルン・フェスティバルの芸術総監督ミヒャエル・ヘフリガーが3月29日に都内で記者懇親会を行…

【特別寄稿】追悼 クラウディオ・アバド(1933-2014)

1987年ウィーン・フィル日本公演から 写真提供:サントリーホール  クラウディオ・アバドが80歳で他界したというニュースを聞き、「ああ、80歳まで音楽されて本当に良かった!」と安堵した。正直な気持ちだった。  ミラノを代表する音楽家ファミリーのプリンスとして生まれ、35歳でスカラ座の首席指揮者となり、以来18年間スカ…

アバド&ルツェルン祝祭管が来日中止

10月にルツェルン祝祭管と来日を予定していた指揮者 クラウディオ・アバドは、医師の判断により健康上の理由で、やむをえず急遽来日を取りやめことになった。 10月にルツェルン祝祭管と来日を予定していた指揮者 クラウディオ・アバドは、医師の判断により健康上の理由で、やむをえず急遽来日を取りやめことになった。11日、ルツェルン…