Tag Archive for カール=ハインツ・シュッツ

【出演者・曲目変更】第11回 トッパン チャリティーコンサート カール=ハインツ・シュッツ(フルート) & シャルロッテ・バルツェライト(ハープ)

音楽のチカラで人々の輪を広げたい! *出演者・曲目変更のお知らせ 「第11回トッパンチャリティーコンサート」に出演予定のハープ奏者シャルロッテ・バルツェライトは、手の怪我の影響で、出演を断念せざるをえなくなりました。代役としてサラ・クリストが出演いたします。出演者変更に伴い、プログラムも変更させていただきます。 詳細は…

ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤー・コンサート2018

年明けにはウィーンの香りとロッシーニのユーモアを  お正月の風物詩といってもよいだろう。2018年もウィーン・リング・アンサンブルが来日し、ニューイヤー・コンサートを開く。ウィーン・フィルの首席奏者たちを中心とした9人のアンサンブルは、まさにプチ・ウィーン・フィル。ウィーンでのニューイヤー・コンサートの直後に来日してく…

第38回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル

モーツァルトの奇蹟の10年間にフォーカスする  日本有数の湯治場として知られる群馬・草津温泉を舞台に、講習会とコンサートからなる我が国で初の夏の音楽祭として、1980年に始まった「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」。38回目となる今回も、ウェルナー・ヒンク(ヴァイオリン)やトーマス・インデアミューレ(オーボ…

カール=ハインツ・シュッツ(フルート) & シャルロッテ・バルツェライト(ハープ)

ウィーン・フィル首席奏者による夢のデュオ  ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルの首席奏者を務める一方、ソロや数々の室内アンサンブルでも、骨太かつ温かな美音を披露し、世界中の聴衆を虜にする現代フルート界きっての名手、カール=ハインツ・シュッツ。同じウィーン・フィルで首席ハープ奏者を務め、名ソリストとしても国際的…

ウィーン・スペシャル・ガラ

ウィーン・フィル3人の首席による至高のモーツァルト  2011年にウィーン・フィル170年の歴史で初の女性コンサートマスターに就任して、一躍“時の人”となったアルベナ・ダナイローヴァ。同フィルの首席ソロ・ヴィオラ奏者を務めるトビアス(トバイアス)・リー、首席ソロ・フルート奏者でソリストとしても大活躍のカール=ハインツ・…

カール=ハインツ・シュッツ(フルート)

フルート界最高峰の卓越した音楽性  「現代フルート界を代表する名手」と言い切っても、誰も異論はないだろう。ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルの首席奏者を務め、ソロやウィーン・リング・アンサンブルなど数々の室内アンサンブルでも、骨太かつ温かな美音を披露して、わが国でもファンの多いカール=ハインツ・シュッツ。  …

スーパー・ソリスト meets 新日本フィル アンサンブル・ウィーン=ベルリン & 新日本フィル

 アンサンブル・ウィーン=ベルリンといえば、その名の通りウィーン・フィルおよびウィーン交響楽団、そしてベルリン・フィルの首席奏者たちから成るスーパー木管クインテット。1983年に結成されて多くのコンサートや録音を行ってきたが、近年はアンドレアス・オッテンザマーをはじめとする若い世代のメンバー加入によって、顔ぶれがフレッ…

第433回 日経ミューズサロン カール=ハインツ・シュッツ(フルート)

“魔法の音色”を味わおう  音楽好きなら、一度は彼の吹くフルートの音色を耳にした経験があるはず。名門ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を務め、ウィーン・リング・アンサンブルなど数々の室内アンサンブルで、骨太かつ温かな美音を披露しているカール=ハインツ・シュッツ。待望だった東京での初リサイタルが、日経ミューズサ…

カール=ハインツ・シュッツ(フルート)

ザンドナーイの作品の特別な雰囲気を味わってください  ウィーン・フィルの首席フルート奏者、カール=ハインツ・シュッツが来年1月のN響オーチャード定期でザンドナーイの「フルートとオーケストラのための夜想曲」とモーツァルトのフルート協奏曲第2番を吹く。ザンドナーイは、オペラ《フランチェスカ・ダ・リミニ》などで知られる20世…