Tag Archive for ウィーン少年合唱団

アフタヌーン・コンサート・シリーズ 2017-2018前期

絶妙なラインナップが魅力の月に一度のお楽しみ  最近、とみに目立つようになったのが、平日昼間のコンサート。どんどん数が増えてきた。こういった平日昼の公演に足を運んでみると、おおむね客席も盛況で、客層は予想以上に幅広い。決して仕事をリタイアした年配の方々ばかりが集まっているわけではなく、現役世代の方も少なくないのだ。子育…

ウィーン少年合唱団日本公演 記者会見

 1498年に創立され、500年以上の歴史をもつウィーン少年合唱団が今年も来日。全国各地での29回の公演を前に、都内で4月27日に記者会見が行われた。今年3月に、オーストリア・ユネスコ国内委員会により、同国の無形文化遺産に登録されてからは、今回が初の来日となる。  会見では、駐日オーストリア大使フーベルト・ハイッスのほ…

軽井沢大賀ホール 2017 春の音楽祭

 “高原の響きの殿堂”として親しまれている軽井沢大賀ホールが、2005年のオープン時から続けている「春の音楽祭」。今や、ゴールデンウィークを舞台に、光あふれる季節の到来を告げる風物詩として、すっかり地元に定着している。  今年の音楽祭は、2009年にロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクールを日本人として初めて制し、今や…

ウィーン少年合唱団

 1498年の創設以来、今日でも数多の少年(少女)合唱団の中で抜群の人気と実力を誇るウィーン少年合唱団。10〜14歳からなる約100名のメンバー全員がアウガルテン宮殿で生活し、ハイドン、モーツァルト、シューベルト、ブルックナーとゆかりのある作曲家の名がついた4つのグループに分かれ、毎年そのうちのひとつが世界中でコンサー…

【記者会見レポート】ウィーン少年合唱団2016年日本公演

 4月30日から6月19日にかけて全国各地で31公演(非公開を含む)の日本ツアーを行うウィーン少年合唱団が、4月28日、都内で会見を行った。会見には、ウィーン少年合唱団芸術監督ゲラルト・ヴィルト、同合唱団カペルマイスターのオリヴァー・シュテッヒらとともに、今年の日本ツアーに出演する同合唱団シューベルト組25名(うち日本…

ウィーン少年合唱団

世界中の人々の心を癒やす天使たち  今年もまた、ウィーン少年合唱団の季節がやってくる。創設からおよそ520年、初来日から60年。星の数ほどある少年合唱団の老舗、そして最高峰のひとつだ。ウィーンの宮廷礼拝堂でのミサや、オペラやコンサートでの活動に加え、絶えず世界中をまわって音楽を届ける彼らの姿は、「音楽の都」ウィーンの親…

軽井沢大賀ホール 開館10周年記念 2015春の音楽祭

いちだんと豪華な顔ぶれがそろったアニヴァーサリー  木のぬくもりがやさしい軽井沢大賀ホール。JR軽井沢駅から数分、国道18号沿いの矢ケ崎公園の池畔に佇む。今年開館10周年を迎え、2005年4月のグランドオープンを飾った『春の音楽祭』も10回目の開催。豪華な顔ぶれが高原のゴールデンウィークを彩る。  音楽祭の幕開けは、彗…

ウィーン少年合唱団が“今年の歌”リクエストを募集

500年以上の歴史を持ち、ウィーンの“音楽大使”として世界各地で人気の【ウィーン少年合唱団】が、来年の日本公演に向け“今年の歌”のリクエストを募集する。 公演では、リクエストの中から1曲を【今年の歌】として選び披露する。 応募された方の中から抽選で5名様にウィーン少年合唱団グッズをプレゼント。 <応募方法> (1)ハガ…