Tag Archive for ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

カール・ヤイトラー(トロンボーン) ウィーン音楽 講習会 2017

ウィーンの吹奏楽の奥義に触れるチャンス  ウィーン・フィルのバス・トロンボーン奏者として活躍し、定年退団後も後進の指導など、精力的な活動を続けるカール・ヤイトラー。元ウィーン・フィル首席トランペット奏者のワルター・ジンガーら、“音楽の街”が育んだ独自のサウンドを知り尽くす名手と共に、「ウィーン式吹奏楽」と「トランペット…

21世紀のコンセール・スピリチュエル ―音楽の力― 第1回 ライナー・ホーネック(ヴァイオリン)

親密な空間で上質な音楽体験を  代官山駅近く、文化拠点としても知られる「代官山ヒルサイドテラス」内にある「ヒルサイドプラザホール」。200名に満たない親密な空間で、年3回の新たなコンサート・シリーズ「21世紀のコンセール・スピリチュエル —音楽の力—」が今秋から開催される。  記念すべき初回、9月の公演は、ウィーン・フ…

シュテファン・ドール(ホルン、アンサンブル・ウィーン=ベルリン)

多彩なプログラムでベストの音楽をお聴かせします  ベルリン・フィルの首席奏者およびソリストとして活躍するホルンの名手シュテファン・ドール。来日も多い中、今秋特に期待されるのは「アンサンブル・ウィーン=ベルリン」のツアーだ。同グループは、1983年にウィーン・フィルとベルリン・フィルの首席奏者によって結成された木管五重奏…

カール=ハインツ・シュッツ(フルート) & シャルロッテ・バルツェライト(ハープ)

ウィーン・フィル首席奏者による夢のデュオ  ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルの首席奏者を務める一方、ソロや数々の室内アンサンブルでも、骨太かつ温かな美音を披露し、世界中の聴衆を虜にする現代フルート界きっての名手、カール=ハインツ・シュッツ。同じウィーン・フィルで首席ハープ奏者を務め、名ソリストとしても国際的…

フォルクハルト・シュトイデ(トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン芸術監督、ヴァイオリン)

 「トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン」は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やウィーン国立歌劇場管弦楽団のメンバーを中心とした30名からなる特別編成のオーケストラだ。毎年公演を重ね、今回が15回目の来日。今年も全国の主要都市で6公演を行う予定で、ベートーヴェンの序曲、モーツァルトとシューベルトの交響曲に、ハイド…

広島交響楽団音楽総監督に下野竜也が就任

 広島交響楽団が4月2日、都内で会見を開き、2017年4月から下野竜也が音楽総監督に就任すると発表した。  就任にあたり下野は「広島交響楽団は秋山和慶先生が大切に育ててこられた。初めてこの楽団の指揮台に立たせていただいたのは1999年4月。それから17年。先生とファンのみなさんで作り上げたこの財産を大切に、未来に繋げて…

クリストフ・エッシェンバッハ(指揮) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

“古典”への回帰  クリストフ・エッシェンバッハがタクトを上げると、ホールに凛とした空気が漲る。あの独特な緊張感のある指揮ぶりを心待ちにしている人も多いはず。今年はウィーン・フィルとの来日だ!  2011年もこの組み合わせで来日しているが、エッシェンバッハはこのところウィーン・フィルとの関係が密。楽団独自のサウンドに自…

ウィーン・ヴィルトゥオーゼン(室内楽アンサンブル)

室内楽版“ウィーン・フィル”の美技  “音楽の街の伝統を、そして、響きを体現する存在”と言い切っていいかもしれない。世界的に名を轟かせるクラリネットの名手で、ウィーン・フィルの首席奏者であるエルンスト・オッテンザマーを中心として、ウィーン・フィルの各セクションの中心メンバーによって、1995年に結成されたウィーン・ヴィ…