Tag Archive for さまよえるオランダ人

バイロイト音楽祭の「子どものためのワーグナー」レポート

音楽祭の新体制発足と同時にスタートしたユニークな企画  長年、バイロイトの「緑の丘」に演出家・プロデューサーとして君臨してきた巨匠の孫、ヴォルフガング・ワーグナーは、複雑なお家騒動の末に、2008年の音楽祭終了後、自身の二人の(腹違いの)娘であるエーファとカタリーナに後継を託した。ヴォルフガングは10年に逝去するが、エ…

東京・春・⾳楽祭で「子どものためのワーグナー」プロジェクトがスタート

 2019年に第15回を迎える「東京・春・音楽祭 —東京のオペラの森—」は、バイロイト音楽祭との提携で「子どものためのワーグナー」を同年より上演することを決定した。「バイロイト音楽祭2018」開幕前日に現地バイロイトで行われた記者会見で、総監督カタリーナ・ワーグナーより発表された。  「子どものためのワーグナー」はワー…

ペトレンコ&カウフマン《パルジファル》をオンデマンド配信〜バイエルン国立歌劇場

 ミュンヘンで6月24日から7月31日まで「ミュンヘン・オペラ・フェスティバル2018」が開催されている。  今年の話題はなんと言ってもキリル・ペトレンコ指揮のもとヨナス・カウフマンが主役を歌うバイエルン国立歌劇場の新制作オペラ、ワーグナー《パルジファル》(6月28日初演、7月31日まで)。  オランダ国立オペラ(ネー…

青山 貴(バリトン)

ワーグナーの音楽の感動を皆様と分かち合えるよう全力を尽くします  バリトン、青山貴の芸術観には、厚くて深い「心の襞」が在る。豊かで滑らかな響きを駆使し、愛嬌あるキャラクターも古代の武将も力強く演じる実力派ながら、その物腰は常に控え目。来る3月に出演するワーグナーの大作《さまよえるオランダ人》についてじっくり語る姿からは…

特別企画 ワーグナー 歌劇《さまよえるオランダ人》(演奏会形式)

カヴァー歌手に聴く、新国立劇場の底力  新国立劇場が2015年1月、ワーグナーのオペラ《さまよえるオランダ人》を上演する。ワーグナーを得意とする飯守泰次郎がオペラ芸術監督就任後自身の指揮する2作目とあって注目を集めるが、これに先立ち「特別企画」としてピアノ伴奏版(!)による演奏会形式での上演が行われる。指揮は、こちらも…

飯守泰次郎(指揮)

世界の主要歌劇場の一つとして高いクオリティの舞台を実現させたい  1月17日の記者会見で、新国立劇場オペラ2014/ 2015シーズンについて熱弁を振るったマエストロ、飯守泰次郎。次期オペラ芸術監督として「オペラが人間に与える豊かさを日本の文化の中で活かしてゆきたい」と語るその声音には、強い意欲と責任感が漲っている。 …