ニュース・トピックス

ルツェルン祝祭管弦楽団が11年ぶりに来日

 スイスのルツェルン・フェスティバルのレジデント・オーケストラであるルツェルン祝祭管弦楽団(LFO)が11年ぶりに日本公演を行う。10月6日からのツアーを前に4日、音楽監督のリッカルド・シャイーらが会見した。  会見場となった「アーク・ノヴァ」は、音楽を通じて東日本大震災からの復興を支援しようと、ルツェルン・フェスティ…

【記者会見】映画監督・河瀨直美がオペラ初演出、プッチーニ《トスカ》まもなく上演

 10月15日の新潟公演を皮切りに、東京、金沢、魚津、沖縄と全国5都市で上演される全国共同制作プロジェクト、プッチーニ:歌劇《トスカ》(新演出)。初日に向け稽古が進む中10月3日、演出の河瀨直美、指揮者の広上淳一と大勝秀也、ソリストらが出席し、記者会見を行った。 (2017.10/3 東京芸術劇場 Photo:J.Ot…

ピアニスト、ピョートル・アンデルシェフスキが会見

 ピアニスト、ピョートル・アンデルシェフスキが、来年3月に予定されている来日公演に向けて都内でメディア向け懇談会を行い、あわせて、初監督となった映像作品が上映された。  アンデルシェフスキが自ら監督・撮影を務めた映像作品『私の名はワルシャワ(Warsaw is my name)』は、ナレーションはなく、ワルシャワの風景…

【稽古場レポvol.2】新国立劇場オペラ新制作《神々の黄昏》

 新国立劇場オペラ2017-18シーズンオープニングとなる新制作、ワーグナー「ニーベルングの指環」第3日《神々の黄昏》(指揮:飯守泰次郎・新国立劇場オペラ芸術監督、演出:ゲッツ・フリードリヒ、協力:フィンランド国立歌劇場)は順調に稽古を積み重ね、ゲネプロ(最終総稽古)を経ていよいよ10月1日に開幕します。  こちらでは…

【ご招待】原美術館『田原桂一「光合成」with 田中泯』

 原美術館で12月24日(日)まで『田原桂一「光合成」with 田中泯』展が開催されている。パリを拠点に活動した写真家・田原桂一が、ダンサー田中泯と創り上げたフォトセッションから選りすぐりの46点を展示、展覧会形式では日本初公開となる。  WEBぶらあぼでは、この展覧会に読者限定5組10名様をご招待。  1970年代か…

新国立劇場/山海塾『海の賑わい 陸(オカ)の静寂-めぐり』

 開場20周年を迎える新国立劇場が、「舞踏の今」と題し、世界で高い評価を得る2つのダンスカンパニーを紹介する。第1弾は、11月25日、26日に中劇場で上演される山海塾『海の賑わい 陸(オカ)の静寂ーめぐり』。本作の演出・振付・デザインを手がける山海塾主宰の天児牛大(あまがつうしお)と新国立劇場舞踊芸術監督の大原永子が登…

【稽古場レポvol.1】新国立劇場オペラ新制作《神々の黄昏》

 今年開場20周年をむかえた新国立劇場のオペラ2017-18シーズンが10月1日に開幕する。演目は、開場20周年記念公演ワーグナー「ニーベルングの指環」第3日《神々の黄昏》[新制作](指揮:飯守泰次郎・新国立劇場オペラ芸術監督、演出:ゲッツ・フリードリヒ、協力:フィンランド国立歌劇場)。  去る9月3日にスタッフ、歌手…

【記者会見】バイエルン国立歌劇場2017年日本公演

 9月21日に開幕を控えた17日、バイエルン国立歌劇場日本公演の記者会見が開催された。出席者は劇場総裁のニコラウス・バッハラー、音楽総監督キリル・ペトレンコ、そして《タンホイザー》の出演主要歌手、クラウス・フロリアン・フォークト、アンネッテ・ダッシュ、エレーナ・パンクラトヴァ、マティアス・ゲルネ。 (2017.9.17…

IIJがベルリン・フィルの演奏会を「DSD™11.2MHz」で無料ライブ・ストリーミング

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は2017年9月17日(日)から、「PrimeSeat」で、DSD™11.2MHzのハイレゾ音源でのライブ・ストリーミングサービスを開始する。  IIJはこれまで、KORG、Saidera Paradiso、ソニーと共同で、東京・春・音楽祭、ベルリン・フィルなどのハイレゾ…

鈴木優人指揮 歌劇《ポッペアの戴冠》記者会見

 モンテヴェルディ生誕450年を記念して、11月に東京オペラシティ コンサートホールと神奈川県立音楽堂で行われる《ポッペアの戴冠》の記者会見が、9月13日に都内で行われ、指揮の鈴木優人、舞台構成の田尾下哲、タイトルロールを歌う森麻季ら8名が出席し、公演への意気込みを語った。 (2017.9/13 都内 Photo:I.…