ニュース・トピックス

内田光子が「デイム」の称号受章

  コンサートのみならず録音活動においても常に世界の第一線で活躍してきたピアニストの内田光子が、モーツァルトやシューベルト演奏などのこれまでの功績が讃えられ、イギリス政府より大英帝国勲章「デイム」を授与されることが決まった。「デイム」は男性の「ナイト」にあたるもので、邦人が受章するのはこれが初めて。今後、これまで以上に…

辻井伸行のCDがオリコン週間アルバムランキングで2位・3位に

 ヴァン・クライバーン・コンクールで優勝した辻井伸行のCDとDVDがクラシックとしては異例のセールスを記録している。6/29付のオリコン週間アルバム・チャートでデビュー・アルバム『debut』が2位に、佐渡裕&ベルリン・ドイツ響と共演した『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』が3位にランクインすることが判明。また、週間総…

樫本大進がベルリン・フィルの第1コンサートマスターに内定

 ヴァイオリニストの樫本大進(30歳)が、安永徹の退団後空席になっていたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第一コンサートマスターに内定した。今年の5月に行われた小澤征爾指揮の演奏会などで、樫本大進はたびたびゲスト・コンサートマスターとして招かれて演奏し、成功を収めている。今回の内定について樫本大進は「大きなチャレンジ…

辻井伸行優勝 記者会見 (動画)

 日本人として初めて「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で優勝した辻井伸行(20歳)が、6月10日(水)、都内のホテルで記者会見を開いた。「コンクールのファイナル・ラウンドでは、お客さんが僕の演奏を聴いてノッてくるのがわかったおかげで、本当に楽しく弾くことができました。音楽はいつも楽しいですし、つらいと思った…

■“ミス着物”松本蘭がCDソロデビュー

 「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」のメンバーのなかでひときわ人気が高かった松本蘭がソロでの活動を始める。彼女は2009年のミス日本グランプリ決定コンテストに出場、ミス日本「ミス着物」を受賞している。桐朋学園大学、同研究科を卒業後、コンクールでの優勝やオーケストラとの共演も果たすなど、実力も折り紙つき。ソロ・アル…

■“伝説”のスタインウェイピアノ製造番号No.1を 日本各地で展示

 スタインウェイ&サンズ創立者のヘンリー・エンゲルハート・スタインウェイが1836年に自宅キッチンで制作した第1号グランドピアノのレプリカが、今年7月から9月にかけて日本各地で展示される。このレプリカはベルギーのスタインウェイ・ディーラーであり、歴史的楽器の修復家としても世界的に知られているクリス・マーネが2006年に…

■仙台クラシックフェスティバル2009〜楽都の杜の3日間

 「楽都・仙台」にふさわしい大イベント、第4回仙台クラシックフェスティバル(せんくら)が、10月2日(金)〜4(日)に開催される。今年も山下一史(指揮)仙台フィル、河村尚子、長谷川陽子など国内外で活躍中の実力派アーティストたちが一堂に集結、全101のコンサートを繰り広げる。初心者が十分に楽しめるよう考慮した豊富なプログ…

■『クララ・シューマン 愛の協奏曲』公開記念試写会 プレゼント

 クララ・シューマンと彼女の夫であったロベルト、そしてロベルトの良き理解者でありシューマン一家をサポートしたブラームスとの関係を描いた映画『クララ・シューマン 愛の協奏曲』が今夏公開される(Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー)。クララを演じるのは『善き人のためのソナタ』のマルティナ・ゲデック、監督はブ…

■2009年度「岩城宏之音楽賞」発表 

 故・岩城宏之(オーケストラ・アンサンブル金沢永久名誉音楽監督)の遺志を受けて、2007年に創設された「岩城宏之音楽賞」の2009年度受賞者が、木村かをり、池辺晋一郎、井上道義各氏による選考の結果、クラリネット奏者の豊永美恵(とよなが・よしえ)に決定した。同賞の応募資格は北陸三県(富山・石川・福井)にゆかり(出身、在住…