ニュース・トピックス

ウィリアム・スタインウェイ限定モデル発売

スタインウェイ社は、同社の初代社長でニューヨークにスタインウェイ・ホールを建設したウィリアム・スタインウェイの名前を冠した限定モデルを発売する。ウィリアム・スタインウェイ限定モデルはそのウィリアムへの敬愛を込めて、1876年のフィラデルフィアで開催された建国100周年万国博覧会に出品し、最高の栄誉を獲得したグランドピア…

ベルリン・フィル「デジタル・コンサート・ホール」  2009/10シーズンのチケット発売中

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のライヴ演奏が同楽団のオフィシャル・ウェブサイトを通じて視聴できる有料配信サービス「デジタル・コンサート・ホール」2009/10シーズンのチケットが7月1日に発売された。新シーズン約30本のライヴ演奏とアーカイヴ映像など含め約60本の映像を視聴できる「シーズン会員券」のほかに「1回券…

ブーレーズが第25回京都賞を受賞

作曲家・指揮者でフランス国立音響音楽研究所(IRCAM)名誉所長のピエール・ブーレーズ(1925年生)が第25回京都賞の思想・芸術部門(本年授賞対象分野:音楽)を受賞した。同賞は稲盛和夫(京セラ名誉会長)により設立された財団法人稲盛財団が世界の科学、文明の発展、精神的深化・高揚の面で著しい貢献をした人々を顕彰する国際賞…

新・ヤマハ銀座ビル来年2月にオープン

旧・ヤマハ銀座ビルの敷地に建設中の新「ヤマハ銀座ビル」の開業日が2010年2月26日(金)に決まった。新しいビルは地上12階・地下3階建ての本館と、隣接する地上7階・地下2階建ての別館とで構成される。本館には国内最大級の音楽・楽器の専門店からなる店舗フロア、アコースティックな音響を追求した「ヤマハホール」(座席数:33…

ファビオ・ルイジがチューリヒ歌劇場音楽総監督に就任

ファビオ・ルイジは現在ドレスデン国立歌劇場の音楽総監督のポストにあるが、2011/12シーズン終了後、2012/13シーズンよりチューリヒ歌劇場の音楽総監督として就任することが発表された。任期は5年間で1シーズン40公演を指揮する予定だ。その中には2〜3作品の初演も含まれるという。ルイジは「私や家族にとって新しい人生の…

内田光子が「デイム」の称号受章

  コンサートのみならず録音活動においても常に世界の第一線で活躍してきたピアニストの内田光子が、モーツァルトやシューベルト演奏などのこれまでの功績が讃えられ、イギリス政府より大英帝国勲章「デイム」を授与されることが決まった。「デイム」は男性の「ナイト」にあたるもので、邦人が受章するのはこれが初めて。今後、これまで以上に…

辻井伸行のCDがオリコン週間アルバムランキングで2位・3位に

 ヴァン・クライバーン・コンクールで優勝した辻井伸行のCDとDVDがクラシックとしては異例のセールスを記録している。6/29付のオリコン週間アルバム・チャートでデビュー・アルバム『debut』が2位に、佐渡裕&ベルリン・ドイツ響と共演した『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』が3位にランクインすることが判明。また、週間総…

樫本大進がベルリン・フィルの第1コンサートマスターに内定

 ヴァイオリニストの樫本大進(30歳)が、安永徹の退団後空席になっていたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第一コンサートマスターに内定した。今年の5月に行われた小澤征爾指揮の演奏会などで、樫本大進はたびたびゲスト・コンサートマスターとして招かれて演奏し、成功を収めている。今回の内定について樫本大進は「大きなチャレンジ…

辻井伸行優勝 記者会見 (動画)

 日本人として初めて「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で優勝した辻井伸行(20歳)が、6月10日(水)、都内のホテルで記者会見を開いた。「コンクールのファイナル・ラウンドでは、お客さんが僕の演奏を聴いてノッてくるのがわかったおかげで、本当に楽しく弾くことができました。音楽はいつも楽しいですし、つらいと思った…