New Release Selection

【CD】楽器一本、ウチ一人/藤平沙織

 「楽器一本、ウチ一人」のタイトルは、藤平沙織の生きざまと決意を投影。だが、その決意はゴツゴツしたものでなく、ほっこり温かで優しい愛情に根差している。それは、「からたちの花」冒頭の、柔らかな歌い出しを聴くだけで、お判りいただけよう。数々の登竜門で実績を重ねるも、あえて音大には学ばず、関西を拠点に独創的な活動を展開する名…

【CD】霧の中から 〜英国ヴァイオリン曲集〜/小野明子

 12歳からイギリスに住み、現在同国で教授も務めている小野明子が想いを込めて作りあげた、英国ヴァイオリン小品集アルバム。イギリスの田園風景の朝霧から浮かびあがってきたような、どこか懐かしさを感じさせるメロディと淡いハーモニーをもつ小品たちを、小野が温かく、しかし凛とした独特の音色で紡いでいく。彼女の高い技巧は豊かな詩情…

【SACD】ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」/ポッジャー&ブレコン・バロック

 ポッジャー待望の「四季」は自身のアンサンブルであるブレコン・バロックとの共演。この演奏、過激な同曲録音を聴き慣れた耳には一聴やや大人しいと思われるかも知れない。しかし、細部にわたって入念に構築されたアーティキュレーション、ソロと合奏部の音響バランスの妙、地味ながら素晴らしい音色的アクセントをもたらしているヴィオローネ…

【SACD】レスピーギ:ヴァイオリン・ソナタ、フランク:同 /鈴木理恵子&若林顕

 鈴木理恵子と若林顕の夫妻によるデュオが、2つの大作ソナタに挑んだ。一流のヴァイオリニストでもあったレスピーギの詩的なソナタは、演奏機会自体が稀少だが、あえて取り上げた意気込みは、練りあげたニュアンスと端正なフォルムに昇華され、本作の価値を知らしめる好演になった。大詰めの詠嘆の美は胸に迫る。フランクの有名作でもスタンス…

【CD】白鳥の湖 サクソフォーン・オーケストラ編/昭和音楽大学 昭和サクソフォーン・オーケストラ

 打楽器とハープ以外はすべてサクソフォーンによるユニークなオーケストラの最新盤。ソプラニーノからコントラバスまで7種の楽器を用いて広い音域をカバーしながら、80名を超える奏者が重層的かつ柔らかな響きを奏でている。《マイスタージンガー》前奏曲とチャイコフスキーの2つの管弦楽曲も、驚くほど自然な演奏。しかもサクソフォーンで…

【CD】シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ―モントリオール 国際音楽コンクールを制した辻彩奈の世界―

 2016年に難関・モントリオール国際音楽コンクールを制した辻彩奈。日本人初の快挙も、このライヴ録音を聴けば、大いに納得がいくだろう。卓越した美音や技術は言わずもがな、才媛・辻の真骨頂は、その絶妙なバランス感覚。例えば、シベリウスの技巧的なパッセージだけでなく、緩徐部へ耳を傾けてほしい。彼女が、いかに細やかな心遣いを見…

【DVD】第19回 別府アルゲリッチ音楽祭/アルゲリッチ&小澤征爾&水戸室内管

 小澤指揮水戸室内管とアルゲリッチ——なんともゴージャスなコラボに選ばれた曲は、ベートーヴェンの協奏曲第1番。その指先から生まれる音楽は相変わらず瑞々しい。第1楽章はモーツァルトのように典雅で軽やか、遊び心に富んでいる。第2楽章は一つひとつの音を慈しみながら、甘美な歌を聴かせる。終楽章では音楽が弾み、ことに中間主題はラ…