注目公演

日中平和友好条約締結40周年記念 蘇州交響楽団 演奏会

中国クラシック界最前線を行く新生オーケストラ  2016年11月に設立されたオーケストラ、中国江蘇省蘇州市の蘇州交響楽団がこの夏、初の来日公演を開く。日中平和友好条約締結40周年を記念しての来日ということだが、新たに誕生したオーケストラが早くも海外ツアーを行うことに、中国のクラシック音楽界の勢いを感じずにはいられない。…

マリウス・プティパ生誕200年記念 東京バレエ団〈プティパ・ガラ〉

“プティパ美学”の精髄をじっくり体感する  本年2018年はクラシック・バレエの様式を確立させ、後世に絶大な影響を与えたマリウス・プティパの生誕200年にあたる。神奈川県民ホールで行われる東京バレエ団〈プティパ・ガラ〉は、巨匠の名作をワレリー・オブジャニコフ指揮、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の演奏と共に贈る。  幕開…

下野竜也プレゼンツ! 音楽の魅力発見プロジェクト 第5回 オーケストラ付レクチャー 《運命》徹底大解剖

マエストロによる“ベートーヴェン解体新書”  このマエストロがすみだトリフォニーホールへ降臨すると、何かが起きる。そして音楽が、思ってもみなかった新しい一面を見せる。下野竜也と新日本フィルハーモニー交響楽団が毎年夏に開催するコンサート「音楽の魅力発見プロジェクト」は、客席をどう楽しませようかという心意気、そしてさまざま…

三ツ橋敬子の新 ♡ 夏休みオーケストラ!

オペラやバレエの名場面からカウンターテナーの妙技まで贅沢なコンテンツ!  神奈川県立音楽堂が三ツ橋敬子、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共に贈る子どものためのコンサート企画。今年は県立音楽堂が改修工事中のため、よこすか芸術劇場に場所を移して開催される。よこすか芸術劇場といえば、オペラハウス仕様ということで、今年はオペラ…

高関 健(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

楽団員の名技が光るマルタンと抒情溢れるマーラーを  東京シティ・フィルは、江東区と芸術提携を結び、ティアラこうとう(江東公会堂)で、1年に数回、ティアラこうとう定期演奏会を開催している。以前は、名曲コンサート的な性格が強かったが、高関健が常任指揮者に就任してからは、東京オペラシティ・コンサートホールでの定期演奏会と変わ…

第39回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル

フランス音楽などの瑞々しい響きを自然とともに体感  夏の音楽祭として長い歴史を持つ草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル(音楽監督:西村朗)は今年、39回目を迎える。アカデミーで指導する名手たちが、ここでしか聴けない組み合わせと選曲でコンサートを行うのは、常に話題となっている。  今年の注目コンサート。まず、サシ…

アフィニス夏の音楽祭2018 山形

一流演奏家の音楽創りの過程を体験できる夏の祭典  2009年から広島と山形で交互に開催されているセミナー音楽祭「アフィニス夏の音楽祭」。すでに国内のプロオーケストラ等で活動している奏者が参加者として集い、世界のトップ団体で活躍する招聘演奏家たちの指導を受ける「セミナー」を重ねながら、演奏会に向けて共に音楽を創りあげてい…

東京ニューシティ管弦楽団 生誕100年記念 バーンスタイン アメリカン・シアターミュージック

バーンスタインのヒットメロディを存分に  東京ニューシティ管弦楽団は、今年生誕100年を迎える、米国が生んだ偉大な指揮者&作曲家、レナード・バーンスタインの作品を8月の定期演奏会でとりあげる。公演日である8月5日は奇しくもバーンスタインが1985年に被爆40年を悼む「平和コンサート」を開くため、広島を訪れていた日でもあ…

2018 セイジ・オザワ 松本フェスティバル

プッチーニの人気オペラとバーンスタイン作品にフォーカス!  セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)で恒例となっている小澤征爾音楽塾オーケストラによるオペラ公演。今年はプッチーニの《ジャンニ・スキッキ》が上演される(9/1)。基本的には、今年3月に京都、名古屋、東京で上演された小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅥの…

ネルソン・フレイレ(ピアノ)

さらなる高みへ—巨匠が誘う瞑想と思索の旅路  ピアノ・リサイタルの醍醐味は、アーティストの個性をダイレクトに味わえるところにある。音楽に華やかさをまとわせる人、知的に攻めるタイプ、フレッシュな若々しさ——個性の百花繚乱にあっても、ネルソン・フレイレのアダルトな魅力は唯一無二、ますます存在感を増しているのではなかろうか。…