注目公演

TOKYO FM 夢の第九コンサート2013

西本智実とつくる忘れられない思い出TOKYO FM  「一度は『第九』のコンサートに、コーラスのメンバーとして参加してみたい。でも、仕事が忙しくて、早い時期から継続的な練習に参加するのは、ちょっと無理…」。そんな音楽好きの願いを叶えてきた、恒例の《TOKYO FM 夢の第九コンサート》。今年も西本智実が指揮、彼女が芸術…

第一生命ホール 昼の音楽さんぽ 第16回 佐藤俊介(ヴァイオリン)

二刀流でバッハに迫る  2010年にライプツィヒで開かれたバッハ国際コンクールで2位入賞を果たすなど、数々の受賞に輝いた俊英ヴァイオリニスト、佐藤俊介。国際的に活躍を続けている彼が、第一生命ホールのシリーズ《昼の音楽さんぽ》に登場、大バッハの無伴奏作品をモダンとバロック、2つの仕様の楽器で弾き分けるユニークなステージを…

ヴェルディ10大傑作 パルマ王立歌劇場ライブビュー

“ヴェルディの地元”のオペラハウスの熱狂を体感!  この1年、世界中でその生誕200年が祝われたイタリア・オペラ最大の作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディ(1813〜1901)。日本でも、フェニーチェ歌劇場、ミラノ・スカラ座、トリノ王立歌劇場などイタリアを代表する名門歌劇場の来日をはじめ、大きな公演が相次いだ。日本のオペラフ…

第5回 仙台国際音楽コンクール優勝記念演奏会 リチャード・リン(ヴァイオリン) ソヌ・イェゴン(ピアノ)

世界の舞台へと羽ばたく才能  “楽都”仙台で3年に1度開催される、仙台国際音楽コンクール。出場者のレベルは回を重ねるごとに高くなり、また入賞者たちのその後の飛躍も目立つことから、最近ますます注目を集めている。そして今年5〜6月に開催された第5回で、再び新たなスターが誕生した。12月には、仙台で優勝者による記念演奏会が行…

田部京子(ピアノ)

深淵なる20年を集約した究極の一夜  明確なタッチで曲の姿がくっきりと描き出される。それでいて音楽は、優しい抒情を漂わせ、美しく深い…。田部京子は、かような演奏で聴き手を魅了し、熱い支持を集めてきた。そして12月、CDデビュー20周年を記念した特別リサイタルを行う。演目は、彼女の名盤から選り抜かれた珠玉の作品集。前半は…

宮谷理香 (ピアノ)

“彩”に富むステージ  初冬の夜、心温まるシューベルトの音楽に浸りたい。  宮谷理香が11/22にリリースするアルバムは、シューベルトの作品集「Impromptus 『彩』〜Rika Plays Fantaisie Ⅲ」。この新譜発売記念リサイタルが12月4日に開かれる。「Fantaisie」CDシリーズで宮谷はベリオ…

千住真理子&スーク室内オーケストラ クリスマス・コンサート

数々の名曲を美しい弦の響きで  ドイツ語圏やチェコの冬の風物詩として知られ、華やかなライトアップの下で人々の笑顔が行き交うクリスマスマーケット。今年の12月は東京オペラシティがそんな温かい雰囲気に包まれるかもしれない。プラハから、あのスーク室内オーケストラがやって来るのだから。  作曲家ヨセフ・スークの名を冠し、世界的…

村田千佳 音+ピアノ・アンサンブルシリーズ 第3回

シューベルトの深い魅力に浸る  ピアニストの村田千佳が企画する《音+ピアノ・アンサンブルシリーズ》。室内楽奏者として世界のトップ奏者たちから篤い信頼を得る彼女が、ピアノ室内楽の無限に広がる魅力を伝えるべく、昨年12月にスタートした全4回のシリーズだ。クァルテットを迎えた第1回、ヴァイオリンとクラリネットを迎えた第2回に…

東京・春・音楽祭 2014

10年目を迎える上野の春、今回も魅力的な公演が目白押し  春の上野を華やかに彩る音楽祭として、すっかり定着した《東京・春・音楽祭》。2014年には第10回の節目の年を迎え、例年にも増して魅力的なラインナップが並ぶこととなった。開催期間は3月14日から、4月13日までの1ヵ月間。東京文化会館をはじめ、国立科学博物館や東京…

デイヴィッド・ジンマン&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団

名コンビの最後の来日公演を逃すな!  これは必聴の公演だ。ジンマン&チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の最後の来日公演である。元々ジンマンの音楽監督の契約は2010年までであったが、オケ側の強い要望のために2014年まで契約が延長されたという。その最終年に日本ツアーが行われる。  ところでジンマンという名前は、ボルティモ…