アラン・ギルバート都響首席客演指揮者就任会見

 7月15日、16日に、東京都交響楽団(以下 都響)の首席客演指揮者就任披露公演を終えたアラン・ギルバートが、翌17日に都内で行われた就任発表の記者会見に出席した。会見では、ギルバートの他、同楽団ソロ・コンサートマスターの矢部達哉、理事長の近藤誠一、芸術主幹の国塩哲紀が登壇した。
(2018.7/17 都内 Photo:I.Sugimura/Tokyo MDE)

左:アラン・ギルバート 右:矢部達哉

 アラン・ギルバートは、2017年まで8シーズンにわたりニューヨーク・フィル音楽監督を務め、ベルリン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管などにも客演。現在は、ロイヤル・ストックホルム・フィル桂冠指揮者を務めるほか、19年9月からはNDRエルプフィル首席指揮者に就任することが決まっている。母はニューヨーク・フィルのメンバーとしても活躍した日本人ヴァイオリニスト。
 ギルバートと都響の初共演は、11年7月。ブラームスの交響曲第1番やベルクのヴァイオリン協奏曲(独奏は、F.P.ツィンマーマン)などを振ったが、それは楽団にとっても、センセーショナルとも言える衝撃だったという。その後、16年と17年にも共演を重ねていくなかで、より継続的な関係構築を求めるに至り、今回のポスト就任が実現した。任期は18年4月からの3年間。

 会見では、時折日本語も交えながら、就任への思いを語った。
「私自身、人生の大きな“チャプター(章)”がちょうど一区切りしたところで、友とともに、また、音楽的スピリットのある人たちとともに音楽を創りたいと考えています。都響とブラームスやベルクを演奏した最初の共演は、本当に心に深く刻まれた音楽体験でした。先日、そのときの録音を耳にすることができたのですが、自分の記憶以上の演奏内容に信じられない思いでした。これは、私自身の功績というより、お互いの独特な相性の良さがもたらしてくれたものだと思います。そして、このオーケストラは、帰ってくるたびにこの分かち合う気持ちをいつも感じさせてくれるのです」
 今回の就任披露公演では、シューベルトの交響曲第2番とマーラーの交響曲第1番「巨人」をとりあげたが、そのステージでも大きな手応えを感じたようだ。
「昨夜のコンサートは本当に特別な意味をもつコンサートでした。聴衆のみなさんも一体化し、みんなの心がひとつになった素晴らしい瞬間でした。私もオーケストラもリスクを犯すことを恐れず踏み込むことができた。これはそうそう起きることではない。“ケミストリー”がもたらされたわけです。だからこそ、今後も都響と向かい合っていきたいと思っているのです」

アラン・ギルバート

 一方、矢部達哉は、ソロ・コンサートマスターとして初めてギルバートのタクトで演奏した時の思い出と今後への期待を次のように述べた。
「初共演のあとにアランが『矢部さん、東京ではこのオーケストラを振ることに決めたよ』と言ってくれたときは、本当に嬉しかった。ツィンマーマンさんとのベルクの協奏曲も素晴らしく、自分たちのなかに強く残っています。リハーサルで要求されることはすごく厳しくて、その要求に応えるのは本当に大変です。でも、すぐにできなかったとしても、いま撒いた種が成長して、近い将来素晴らしい花が咲く予感がします。昨日のコンサートでも、たくさん小さな蕾が見えているようで、これからが楽しみです」
 矢部によれば、初共演時、公演の翌日にギルバートから「実はブラームスの1番を振ったのは人生で初めてだったんだ」と明かされ、腰が抜けそうなくらい驚いたという。「初めて振るブラームスが、そういう歴史に残るような名演奏になるというところに、アランの音楽家としての破格の実力が表れていると思います」と矢部は語った。

 今後、ギルバートは年に2回程度、都響の公演に登場する予定で、幅広いレパートリーを振っていきたいという。
「オーケストラとは、時間をかけてともに成長し、さらに広いレパートリーに着手することができる。いろいろな音楽の世界を模索していくことができるのです。これから私がどんな旅路をたどるのか、楽しみにしています」と力強く語った。

 すでに楽団員との間に強い信頼関係が生まれているギルバート。都響との出会いによって、今後どんな“ケミストリー”がもたらされていくのか、オーケストラ・ファンにとっても見逃せない3年間がスタートする。

【Information】
アラン・ギルバート(指揮)東京都交響楽団 今後の共演予定

◎第859回 定期演奏会Cシリーズ
2018.7/21(土)14:00 東京芸術劇場コンサートホール

◎やまと極上の響シリーズ
2018.7/22(日)14:00 やまと芸術文化ホール(大和市文化創造拠点シリウス内)

◎第868回 定期演奏会 Bシリーズ
2018.12/10(月)19:00 サントリーホール

◎都響スペシャル
2018.12/11(火)19:00 サントリーホール

◎第869回 定期演奏会 Cシリーズ
2018.12/18(火)14:00 東京芸術劇場 コンサートホール

◎第870回 定期演奏会 Aシリーズ
2018.12/19(水)19:00 東京文化会館

東京都交響楽団
http://www.tmso.or.jp/