長尾春花が第13回カール・フレッシュ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝

 6月3日から10日までハンガリー北西部のモションマジャローヴァールで行われていた、第13回カール・フレッシュ国際ヴァイオリン・コンクールで長尾春花が優勝した。第2位は、Eryu Feng(中国)とLouisa Staples (イギリス)、第3位にはJulia Turnovsky(オーストリア)が入賞した。審査委員長はエステル・ペレーニ。前回開催の2013年には、伊藤亜美が第2位に入賞している。
 長尾は、静岡県掛川市出身。2007年日本音楽コンクール・ヴァイオリン部門第1位、08年ロン=ティボー国際音楽コンクール第5位、10年仙台国際音楽コンクール第3位など入賞多数。東京藝術大学・同大学院、グラーツ国立音楽大学などに学び、15年からはリスト音楽院に留学。これまでにソリストとして、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団などと共演しているほか、室内楽にも積極的に取り組んでいる。現在は、ハンガリー国立歌劇場管弦楽団コンサートマスターを務めており、17年日本公演も担当した。

コンクール、ファイナルより
(C) ATTILA HORVÁTH

コンクール、ファイナルより
(C) ATTILA HORVÁTH

コンクール、表彰式より
(C) ATTILA HORVÁTH

Flesch Károly Violin Competition
http://fleschviolincompetition.com/

Haruka Nagao Violinist Official Site
http://www.harukanagao.com/