第33回 ワンダフル one アワー 森谷真理 ソプラノ・リサイタル

活躍めざましいソプラノが挑むフランス歌曲の世界

C) 武藤 章

 2006年末、メトロポリタン歌劇場に《魔笛》の夜の女王役で鮮烈なデビューを果たして以来、同役をはじめとするコロラトゥーラ系の役柄を中心に欧米の名歌劇場を席巻。日本では昨年、レオノーラや元帥夫人、そして蝶々夫人などのドラマティックで重厚な声が求められる役柄を次々と演じて絶賛されたばかり。そんな注目のソプラノがフランス歌曲を中心にしたプログラムで、待望のソロ・リサイタルをHakuju Hallで開催する。
 同ホールには人気シリーズ企画である「中嶋朋子が誘う 音楽劇紀行」の第一夜と第三夜に出演し、バロック時代から古典派にロマン派と、オペラ表現による時代の流れを見事に披露したのも記憶に新しい。リサイタルの曲目はドビュッシー〈忘れられた小唄〉やカントルーブ「オーベルニュの歌 第1集」所収の素朴な歌曲など。ピアノには名手の山田武彦を迎える。貴重で夢のような素晴らしい1時間になることだろう。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2018年5月号より)

2018.6/29(金)15:00 19:30 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
http://www.hakujuhall.jp/