アテフ・ハリム ヴァイオリンリサイタル

C)Bernard Morales

 「音楽こそ、すべての人が分かりあえる唯一の言葉。そして、平和につながる確かな希望」。往年の巨匠たちの系譜を受け継ぐ名ヴァイオリニスト、アテフ・ハリムは言う。そんな彼が、心を込めて名旋律を紡ぐリサイタル。ほとばしる熱い思いが、聴く者の心へと饒舌に語りかけてくる。
 カイロ出身。5歳でヴァイオリンを始め、13歳で単身パリへ。ハイフェッツ、メニューインら20世紀の巨匠たちに師事。若くしてフランス国立管弦楽団のコンサートマスターを務め、ソリストとしてベームやバーンスタインらとも共演した。1993年にパリから東京へ移住。以後、四半世紀にわたり、日本を拠点に活動を続けている。
 リサイタルは、ピアノの金子恵が共演。フランクの名ソナタやサラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」、マスネ「タイスの瞑想曲」、ラヴェル「ハバネラ」とフランス・ベルギー作品を。さらに3人の作曲家が共作した「F.A.E.ソナタ」からブラームスによるスケルツォ、バッハの無伴奏作品から「シャコンヌ」などの名曲も、たっぷり聴かせる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年5月号より)

2018.6/24(日)14:00 東京文化会館(小)
問:A&A art 03-3392-2955
http://atefhalim.com/