滝 千春(ヴァイオリン)

デビュー10周年を彩るプロコフィエフの響き

C)Sina Eslami

 ピアノのリサイタルでオール・プロコフィエフ・プログラムというのはあるだろうが、ヴァイオリンのリサイタルでは前代未聞かもしれない。それに挑むのは、デビュー10周年を迎え、現在はベルリンを拠点に活躍している滝千春だ。
「もともとプロコフィエフが大好きでした。演奏しても、他の作曲家に較べて周りの反応も良くて、私に合った作曲家だと思ってきました。デビュー・リサイタルでもプロコフィエフの作品を入れたので、今回はもっと本格的にこの作曲家に迫りたいと、オール・プロコフィエフのプログラムになりました」
 もちろん2曲のヴァイオリン・ソナタが柱となるが、それ以外にバレエ音楽「シンデレラ」からの「ワルツ」(フィフテンゴリッツ編)、同じくバレエ音楽「ロミオとジュリエット」(バイチ/フレッツベルガー編)という既存の編曲作品を演奏。そして、このリサイタルにあたって、交響的物語「ピーターと狼」のヴァイオリン用編曲をパリ在住の作曲家・演奏家である根本雄伯(たけのり)に依頼した。もちろん編曲版としての世界初演となる。
「あるプロジェクトで、自分で語りもしながら『ピーターと狼』を演奏するというアイディアを持っていたのですが、その時は実現しなかったのです。そこで今回、いろいろな作曲家の方にお願いをしてみて、ようやく根本さんが見つかりました。作品としては6〜7分ぐらいの短いものとなる予定ですが、『ピーターと狼』の音楽的に重要なテーマはすべて網羅されている、そんな作品に仕上がると思います」
 ヴァイオリン用の曲だけに留まらない幅広い関心を彼女は持っている。
「本来、プロコフィエフとはどういう作曲家なのだろう、それを探究したいという気持ちがあり、そこからプロコフィエフの世界へ聴き手の皆さんを誘いたいと思いました。プロコフィエフの音楽には、ストーリー性があり、それはバレエ音楽だけでなく、すべての彼の作品の中に共通するテーマです。バレエ音楽を加えることで、彼の音楽の中のストーリーというキーワードが浮かび上がってくると思います。また、ユーモアやかなり頑固であったという個性なども、その作品の中に入っています。そういう要素を改めて聴いていただけたら嬉しいです」
 プロコフィエフ作品を多角的に俯瞰できるようなリサイタルになりそうである。ピアノは沼沢淑音。
取材・文:片桐卓也
(ぶらあぼ2018年3月号より)

デビュー10周年記念 滝 千春 ヴァイオリン・リサイタル
2018.3/8(木)19:00 紀尾井ホール
問:ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040 
http://www.japanarts.co.jp/