ロームシアター京都で高校生のためのオペラ鑑賞教室と企画展を開催

 10月30日(月)と11月1日(水)、ロームシアター京都で平成29年度 新国立劇場「高校生のためのオペラ鑑賞教室・関西公演」《蝶々夫人》全2幕が上演される。
 高校生のためのオペラ鑑賞教室は、高校生にオペラの素晴らしさを伝え、次世代の育成と舞台芸術文化の振興を目指し開催しているもので、通常シーズン公演と全く同じレパートリー・プロダクションを提供し続けている。公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションが支援している。
 同・関西公演は、平成28年度からロームシアター京都で開催されており、今年度の作品は歌劇《蝶々夫人》。
 高校生以下および大学・専門学校の学生は、当日券(高校生以下2,160円)の事前予約が可能。
ロームシアター京都の公式WEB サイトに設置したWEBフォームから予約。1人1枚限り)
 なお、残席がある場合に限り、一般・大人にも当日券(4,320 円)を販売する。詳細は、10月29日(日)にロームシアター京都の公式WEBサイトで告知される。

2015 年新国立劇場公演より©寺司正彦

◆平成29年度
新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室・関西公演
《蝶々夫人》全2幕
(上演時間約2時間45分(休憩1回含む))
2017年10月30日(月)13:00、11月1日(水)13:00
ロームシアター京都メインホール

http://rohmtheatrekyoto.jp/program/4369/
指揮:高関 健

蝶々夫人:横山恵子
ピンカートン: 村上敏明
シャープレス:大沼 徹
スズキ:山下牧子
ゴロー:内山信吾
ボンゾ :峰 茂樹
ヤマドリ:吉川健一 ほか

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:京都市交響楽団

当日券販売日時:10月30日(月)、11月1日(水) 両日11:30〜
当日券販売場所:メインホール入口前
当日券販売料金:高校生以下2,160円/一般・大人4,320円
当日券購入可能枚数:1人1枚まで ※高校生以下は要学生証提示

 これにあわせ、ローム ミュージック ファンデーションが、ロームシアター京都「ミュージックサロン」(パークプラザ3F)で9月12日(火)から11月30日(木)まで企画展『オペラの扉』2017を開催している。入場無料。
 
 ミュージックサロンは、ローム ミュージック ファンデーションと京都市音楽芸術文化振興財団が共同運営する常設の音楽総合体験施設。企画展「オペラの扉」は、新国立劇場で上演されたオペラ公演を舞台衣裳や舞台装置模型の展示とともに紹介するもので、昨年に続き2回目の開催。会場では展示のダイジェストを一冊に纏めたカタログも無料配布されている。ローム株式会社の協賛、新国立劇場との共催。

2016年の展示より

2016年の展示の様子。

2016年の展示の様子。舞台模型でセットの構造を知ることもできる。

2016年の展示より。
《トスカ》の舞台模型の一部。
荘厳な舞台セットの構造が一目でわかる。

会場で配布されるカタログ(表紙)

企画展『オペラの扉』2017
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/operanotobira2017/