東京ミッドタウンが「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ」を開催

 東京ミッドタウンが開業10周年記念イベントとして9月19日から10月4日まで、「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ2017 in 東京ミッドタウン」を開催する。

 このフェスティバルは2013年、音楽を通じて東日本大震災からの復興を支援するために、スイスのルツェルン・フェスティバルの働きかけによって実現したもので、世界的建築家の磯崎新と英国人彫刻家のアニッシュ・カプーアによって制作された、高さ18m、幅30m、奥行36mの巨大な移動式コンサートホール(収容人数494名)を使用するのが特徴。「アーク・ノヴァ」はラテン語で“新しい方舟”を意味する。
 13年に宮城県松島町で、14年に仙台市で、15年には福島市で開催され延べ1万9千人を動員した。

 東京ミッドタウンではこの取り組みに賛同し、震災から6年半を迎える今秋、「アーク・ノヴァ」を16日間展示。期間中は、内部の一般公開日を設け、被災地で行われたイベントの様子などを展示するほか、コンサートや映画の上映会を開催する予定だ(詳細は8月下旬発表)。

アーク・ノヴァ内観

アーク・ノヴァ内観

アーク・ノヴァ外観

■東京ミッドタウン開業10周年記念イベント
「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」
2017年9月19日(火)〜10 月 4 日(水)
荒天中止。各イベントの詳細は後日発表
会場:ミッドタウン・ガーデン 芝生広場

東京ミッドタウン
www.tokyo-midtown.com