【GPレポ】ローザス&イクトゥス『時の渦 ー Vortex Temporum』

 5月5日から7日まで東京芸術劇場でローザスの7人のダンサーとアンサンブル・イクトゥスの7人のミュージシャンによる「時の渦 ー Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)」が上演される。
 4日に行われた最終稽古を取材した。
(2017.5.4 東京芸術劇場 プレイハウス Photo&Movie:M.Terashi & J.Otsuka/TokyoMDE)
 「時の渦ー Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)」の作曲家ジェラール・グリゼーはメシアン、デュティユー、シュトックハウゼン、リゲティ、クセナキスに学んだフランスの作曲家。音楽を音波としてとらえ、倍音のスペクトルに注目した作曲技法から、トリスタン・ミュライユらとともに「スペクトル楽派」とよばれる。
 早逝の天才作曲家の死の3年前に書かれた「時の渦」は、いくつもの「時」が重なり、うねり、「渦」を描く、3楽章形式の作品。その洗練された美しい音楽はグリゼーの代表作だ。
 3つの楽章は、作曲者によると第1楽章「人の時間」、第2楽章「クジラの時間」、第3楽章「鳥・虫の時間」と定義づけられ、楽章間にはそれぞれ「間(ま)」があり、ノイズでつながれる。
 7人の奏者による「時間」に重なるように、ダンサーたちが音楽を視覚的に表出する。




■ローザス&イクトゥス『時の渦ー Vortex Temporum』ゲネプロより

ローザス&イクトゥス『時の渦ー Vortex Temporum』
5/5(金・祝)〜5/7(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
各日とも当日券若干枚、プレイハウス受付にて販売
問:東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296(東京のみ)
http://www.geigeki.jp/

5/13(土) 愛知県芸術劇場
愛知県芸術劇場052-971-5609(愛知のみ)
http://www.aac.pref.aichi.jp/

 
 

 
 

 
 

 
 

【関連記事】
●ローザス 『ファーズ ー Fase』『時の渦 ー Vortex Temporum』
文:小沼純一(ぶらあぼ2017年3月号から)
http://ebravo.jp/archives/31866

●ローザス『ドラミング』 池田扶美代、ローザスを語る
文:乗越たかお(ぶらあぼ + Danza inside 2015年4月号から)
http://ebravo.jp/archives/17561