ニコライ・バーグマンが生演奏とともにライヴ・パフォーマンス

 4月27日に新丸ビルが10周年を迎えることを記念し、ゴールデンウィーク(GW)を挟んだ5月14日まで、丸の内エリアでは「Marunouchi GW Festival 2017」が行われる。期間中「新丸ビル10th Anniversary〜花で祝う10のスペシャルイベント〜」や、丸の内エリアのGW恒例イベントである「ラフォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2017 丸の内エリアコンサート」を実施する。

 「新丸ビル10th Anniversary〜花で祝う10のスペシャルイベント〜」では、花をテーマに10個の特別企画を実施。新丸ビル10周年を記念し、フラワーアーティストのニコライ・バーグマンが制作した直径2.5mの球体フラワーオブジェ「Blooming Waltz」が3Fアトリウムに展示される。
 初日の4月27日には、オープニングイベントが行われ、ニコライ・バーグマンがジャズ・ヴァイオリニストの牧山純子、ピアニストのTatsuyaとともにライヴ・パフォーマンスを行った。
(2017.4/27 新丸ビル3Fアトリウム Photo:H.Yamada/Tokyo MDE)

フラワーオブジェ「Blooming Waltz」とニコライ・バーグマン

ライヴ・パフォーマンスをするニコライ・バーグマンと牧山純子

 「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』2017」(以下LFJ)のテーマ、“ラ・ダンス 舞曲の祭典”を表現したフラワーオブジェ「Blooming Waltz」について、バーグマンは「驚かされるようなインパクトがコンセプトで、色合いはかわいらしさとシックなホワイトに、ニュアンスのある大人ピンクを使いました。また今回は、踊るような、音が動くような感じも加え、全体的にHappyな色と形、流れをつけました。このような丸い大きな作品は初めて。新丸ビルの丸です」と語った。

ニコライ・バーグマン

 丸の内エリアでは期間中、東京国際フォーラムで行われるLFJと連動し、国内外で活躍するプロの演奏家や東京芸術大学音楽学部の学生が奏でる約90公演の無料コンサートを開催。5月4日には「千住明指揮 with 東京ニューシティ管弦楽団 スペシャルコンサート」で、2017年5月公開予定映画「追憶」、TBS系ドラマ「流星ワゴン」、NHK大河ドラマ「風林火山」等、映画、テレビドラマでおなじみの曲が迫力のフルオーケストラで披露される。

 

●Marunouchi GW Festival 2017
http://www.marunouchi.com/feature_jp/gwfestival2017/

●ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2017
http://www.lfj.jp/lfj_2017/

●ラフォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2017 丸の内エリアコンサート
4/29(土・祝)〜5/6(土)丸ビル1Fマルキューブ、新丸ビル、大手町仲通りほか
入場料:無料

●LFJスペシャルコンサート
「千住明指揮 with 東京ニューシティ管弦楽団 スペシャルコンサート」
5/4(木・祝)11:15 丸ビル1Fマルキューブ
入場料:無料