第6回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール結果発表

 若手ヴァイオリニストの登竜門として、宗次ホール(名古屋市中区)で2007年以来、2年に一度開催されている宗次エンジェルヴァイオリンコンクールの本選が4月2日に行われ、韓国出身のキム・ギェヒが優勝した。

宗次徳二(NPO法人 イエロー・エンジェル 理事長)からストラディヴァリウス「レインヴィル」(1697年製)を受け取るキム・ギェヒ(韓国)
(C)宮田雄平

 入賞者は、以下のとおり。


第1位 キム・ギェヒ(韓国)
第2位 吉江美桜(日本)
第3位 イ・ジェオク(韓国)
第4位 イ・ユジン(韓国)
    クリスティン・リム(アメリカ)

セントラル愛知交響楽団賞・聴衆賞 キム・ギェヒ(韓国) 

本選より
No.11 キム・ギェヒ Gyehee KIM
(c)宮田雄平

本選より
No.24 吉江美桜 Mio YOSHIE
(c)宮田雄平

本選より
No.39 イ・ジェオク Jae Ook LEE
(c)宮田雄平

 第1位にはストラディヴァリウス「レインヴィル(1697年製)」が約3年間無償貸与されるほか、第3位までの入賞者にも約3年間銘器が無償貸与される。

(c)宮田雄平

宗次エンジェルヴァイオリンコンクール
http://www.munetsugu-avc.com