東京佼成ウインドオーケストラ 吹奏楽大作戦2017 ―Mの秘密―

名作に秘められた“秘密”とは?

大井剛史 ©K.Miura

 「Mの秘密」って何? 東京佼成ウインドオーケストラ(TKWO)の「吹奏楽大作戦2017」が開催される4月は、作曲家・真島俊夫の一周忌。そこで今回は、冒頭に挙げたタイトルで、オール真島プログラムが披露される。ここ30年の吹奏楽経験者で彼の作品や編曲を演奏したことがない人は、まずいないだろう。明快で精緻で格調を湛えたハイセンスな音楽…今回はそれにどっぷり浸ることができる。
 演目は、コンクールの名課題曲=「波の見える風景」「コーラル・ブルー」「五月の風」、TKWOの委嘱作=「三つのジャポニスム」の「祭り」ほか、不朽の名作が目白押し。吹奏楽ポップスの大定番「オーメンズ・オブ・ラブ」「宝島」(真島氏が「編曲は印税が入らないんだよね」と言っていたのを思い出す)もあるし、指揮、演奏や舞台での体感コースもある。何よりこれらを大井剛史&TKWOの最高レベルの演奏で聴けるとなれば、見逃せるはずもない。それにしても“M=真島”以外に何か“秘密”があるのか? 答えは当日(?)。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ 2017年4月号から)

4/2(日)15:00 東京芸術劇場 コンサートホール
問:東京佼成ウインドオーケストラ チケットサービス0120-692-556
http://www.tkwo.jp/